2008年 05月 16日 ( 1 )
焼き蕪の胡麻酢あえ
今日は 大きな“かぶら” があったので・・・

軽く焦げ目がつくまで焼いてから、
柔らかくなるまで蓋をし、蒸し焼きにして、
胡麻酢をたっぷりかけていただきました。

地鶏は、蕪とは別に 皮目がカリッとなるように焼き、
最後にあえます。

葉の部分も、サッと湯を通して
刻んで全部食べちゃいました。


焼き蕪の胡麻酢あえ_e0048332_5141364.jpg


最近の蕪は、美味しいですよね。
なんだかゴージャスな食材になった気がします。

私は、お味噌汁や、お鍋にも入れたりしますが、
焼くと、これがまた甘みが出て、
和食でも、中華でも、イタリアンでも・・・なんでもござれ・・・といった
頼もしい食材に変身してくれるのですよ。




焼き蕪の胡麻酢あえ_e0048332_5153097.jpg


金目鯛の干物です。
これでもか!っというくらいデカかったです。
売り場のおばさんが
頭と骨は、味噌汁にするといいよ〜
と教えてくださったのですが
あんまり大きいので、
身を食べてるだけで、満足しちゃいました。
by mariko-sugita | 2008-05-16 00:05 | 食 eat | Comments(4)