2006年 10月 15日 ( 1 )
前川陽子さんのコンサート
前川陽子さんのコンサート_e0048332_12435131.jpg


私がお世話になっている音楽事務所は、基本的に音楽制作会社なので、
所属しているアーティストは極少人数 なのですが、
アニメソングの女王様!前川陽子さんも その中の一人です。
久我山散人さんのブログでCDが紹介されておりましたので、←見てみて・・・

で・・・
私、CDの売り子さんetc... お手伝いしてきました。

実は、前川さんは とっても小柄な方なんです。

♬ 近頃流行の女の子~ お尻の小さな女の子~
     こっちを向いてよ ハニー


もう何年も前のアニメのはずなのに・・・
「キューティー・ハニー」のテーマがピッタリ!なんです。
(それにしても、この歌詞・・・ 私には・・・うっかり鼻歌でも歌えないデス) 

で・・・
アニメ → アキバ → オタク → ロリコン → キューティー・ハニー → 前川さん。
・・・となっちゃう方もいるそうで・・・
危険な目にあったりもしたそうで・・・
リハーサルと本番以外は、楽屋から出てこられませんでした。
いろいろと、人それぞれに・・・
知らないところで大変な苦労を抱えているものなのですね。

当日、「ひょっこりひょうたん島」の番組で 実際にお人形を動かしていらした方達が、
本物のお人形さん ドン・ガバチョとか博士とか・・・ を連れて
飛び入り参加してくださって・・・
客席は一瞬にして、み~んな子どもの表情・・・・
あのイントロは凄い!!  スゴイ!!
あの音が鳴った途端に・・・なんというか・・・
不思議なエネルギーが、発散されたんですよ。

大スターの ドン・ガバチョさん達は、一体のみで予備も影武者もいないんですって。
そして、その お人形を扱うのも、一人っきり。ずっと同じ人・・・
一人 対 一体 なのです。
違う人が操ると、お人形さんも違う人格になっちゃうんですって・・・

ずっと前に 若林ケンさんとのディナー・ショーで、
私の歌う「灰色の途」という歌・・・
自殺した歌手「ダリダ」の最期をイメージして訳したシャンソンに合わせて、
人形師の辻村ジュサブローさんが お人形さんと舞ってくださったことがあったのですが・・・
あの時は、お人形が意外と大きくて・・・あまりに美しくて・・・
本当に生きているみたいで・・・
舞台袖の暗がりに寝かされている姿など・・・
ゾクッとするような気配、視線すら感じて・・・
怖い・・・と思ってしまったのです(ジュサブローさんは優しい方です)が、

今回は、すっごい優しいおばさまの人形師さんだったし・・・楽しかった~ 
でも・・・ちょっと・・・やっぱり・・・
時々・・・生きてるみたいな顔して・・・
人形師のおかぁさんと話をしたり・・・目くばせしたり・・・
・・・しているみたい・・・なのでした。


CDの売り子さんは、一人でテンテコマイマイしながら・・・結構 頑張りました。
これぞ オタク! といったお兄さんは、グズグズ迷って決まらないので・・・
「コレになさい!」と、一番新しいCD(2枚組¥4300)をオススメしたら、
素直にスグ買ってくださって・・・とても、いい方でした。  どうもありがとう。
by mariko-sugita | 2006-10-15 11:05 | 舞台、 コンサート | Comments(1)