<< 大阪から帰ってまいりました。 暖かな一日でした。 >>
大木康子さん

e0048332_23145429.jpg



今月の2日に、大木康子さんが亡くなりました。

なんといえばいいのか・・・
ぽっかりと空いた穴は大きくて・・・埋める言葉も見つからなくて・・・
まだ blogに何も書けないままだったのですが・・・
私にとっては、本当に特別な存在の方でした。

素晴らしく声がよくて、要するに、図抜けて歌の上手い、歌手らしい歌手でした。
やっこさんのお陰で、四半世紀に渡る友人が出来ました。
年齢差はあるのに、なぜか同じ人が好き〜になったりしたこともありました。
総勢20人くらいで旅行に行って、一緒に、民宿で『ざこ寝』というものを体験しました。
海辺で太極拳もしました。
とにかく・・・お酒を飲みました。

以前・・・大木さんが歌をやめる!と爆弾宣言しちゃった時、
時を同じくして、私も5年間、歌をお休みしていたことがありました。
(私の場合は、パリ祭だけは続けさせていただいておりましたが・・・)
そしてまた、大木さんの後ろを追いかけるように、歌の世界に復活したのですが・・・
復活後の初顔合わせの時、可笑しかったなぁ。。。
「あんたも戻ったのね・・・」 ニヤリと笑いかけてくれたっけ。
本番の舞台袖で、ギリギリまでしゃべっていたんだよね。

でも、今回は・・・・やっこさんは、とてもとても遠くへ行ってしまいました。。。

歌手としても、女性としても、人としても・・・
大好きでした。
たまらなく魅力的な人でした。


♪ 明日、久しぶりに大阪まで行ってきます。
当日乗りでもよかったのですが、
母の状態も安定しているようなので、
前日に行こうと思っております。

ちょっと寄り道をしたくなってしまったので・・・
やっこさんの歌声をアタマの中に流しながら、ぶらり一人旅してきます。


今日は、数行だけどやっこさんのことを書くことができて
少し、心がほっとなりました。。。



 


ジャガモコ劇場は ブログ村に参加しています。
ポチッとクリック!ヨロシクお願いしま~す。
by mariko-sugita | 2009-02-16 00:02 | Blog | Comments(8)
Commented by 野っこ at 2009-02-16 01:32 x
私も 大木さんの歌 大好きでした。「懐かしい私の恋人たち」のCDは 何度もききました。
marikoさんは直接 ご一緒のステージに立たれたりなさってたから ショックも大きかったでしょうね。
大阪 気をつけて行ってらっしゃい。私の娘が昨年から 一人で住んでいるので 特別な街になりました。
Commented at 2009-02-16 02:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 風うたい at 2009-02-16 15:04 x
『季節の中に埋もれて』。サインの入らないCDを持っています。私にとっては、大木康子さんを身近に感じられるただ一枚のもの。立春の日、墓参に行く車の中でなぜかこのCDをかけていました。訃報を知ったのはその後です。
「旅でもしようか」…。
端正で温かい歌声、昨夏、十字屋ホールで拝見したステージ… 素敵な方でしたね。
marieさんの大阪でのステージを心待ちにしているSさんと、お話しできるといいですね。
気をつけて、よい旅を。
Commented at 2009-02-16 20:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko-sugita at 2009-02-18 03:39
☆野っこさま。
大木さんの声は、ミルク色のようだ。。。。とか、
深い霧のようだ。。。とか、評論家さんからの賛辞も沢山あるんですよ。
本当にいい声の歌手でした。 寂しいです。
Commented by mariko-sugita at 2009-02-18 03:40
☆鍵コメさま。
決まったら、そちらにメール入れますね。
Commented by mariko-sugita at 2009-02-18 03:44
☆風うたいさま。
そうなんですよー!
やっこさんのファンは、多分みんな・・・様々な場所で「旅でもしようか」が、アタマの中に流れることと思います。
大木さん自身も、この歌がとても好きだったようですよ。
Commented by mariko-sugita at 2009-02-18 03:46
☆鍵コメしーちゃま。
その話、まだ聞いてないよ〜。
どこで、どうするんだろうね? 
やっぱり貴女の方が、情報早いですね。w
<< 大阪から帰ってまいりました。 暖かな一日でした。 >>