<< 岩牡蠣 モーコの記念撮影 >>
姫林檎の赤ちゃん
姫林檎の赤ちゃん_e0048332_2225963.jpg



姫林檎の赤ちゃん_e0048332_2232138.jpg



ぷっくりと・・・ 小さな小さな ふくらみ・・・
これから、少しずつ大きくなって
やがて、きちんとその内に種を宿し
そして、その実は赤く色づく。
朽ちて大地の力となるものもあれば
鳥や虫たちの いのちの糧となるものもある。
留まるものもあれば、
遠くまで旅をするものもある。

誰が教えた訳でもないのに・・・と、
私は、ひたすらに
感心したり、感動したり・・・するばかり。

小さくたって、大自然の営みなのだ・・・

私達の周りには・・・不思議がいっぱい。 溢れています。



不思議 → で、ふと 思ったのですが、
って、大きかったら・・・
もの凄く怖いと思うの。。。

蟻さん なんて、あれこそエイリアンですよ。

生きてるまんま巣に運ばれでもしたら
一生奴隷にされるか
生き餌にされちゃったりするんだよ。
ホントに、肉団子も作るんだってぇ・・・
あの口なんて、大顎で横開きのプレデターなんだよ!

モーコは可愛い宇宙猫。
蟻は、ずっと ずっと怖いエイリアンです。
by mariko-sugita | 2008-05-06 03:34 | Photo | Comments(8)
Commented by サミュエル at 2008-05-06 17:19 x
小さな小さな実、可愛いですね。きれいな姫リンゴになりますように。
蟻が大きかったら怖いです。ベランダ園芸にとってアリは困ったちゃん
です。実家からもらってきた鉢に付いてきたアリが悪さしていて
困ってます(T_T)
Commented by kugayama2005 at 2008-05-06 18:12
カニとかシャコとかマクロ写真で撮ると超・恐怖。
それよりボクはヒグマが恐くて、山でびびったお。
Commented by mariko-sugita at 2008-05-06 23:00
☆サミュエルさま。
ウチもベランダから蟻が行列で入ってくるようになって、とても困ったことがありました。
動物がいると、下手に殺虫剤も使えないので困りますよね。
害虫も雑草も、いい気になりすぎ!と、言いたくなります。
Commented by mariko-sugita at 2008-05-06 23:07
☆散人師匠。
今回の山登りでですかぁ〜?
あれって・・・ケモノミチってやつですよね。
あれだけの時間をかけて、山の反対側から ケモノミチ歩いて。チャリ坊見つけて・・・師匠の頭脳は本当に凄いですね。私なんか、今でも時々、電車が反対方向に走ってる気がする時がありますもの。 別に方向音痴じゃないのに・・・ですよ。
Commented by YAS at 2008-05-07 18:02 x
吉本の芸人さんで「でっかい昆虫と戦おう」とかいう
ネタをする人たちがいましたよね。なかなか面白いです。
子供のころ、鶏の受精卵の成長過程の巨大な模型を
作ったことがありましたが、それっきり卵が食べれなくなりました。
Commented by kugayama2005 at 2008-05-07 19:28
マリコさん、山道はそんなに複雑じゃないよ〜。でも季節によってぜんぜん印象が変わるし、時間と方角の感覚が普通と違うので(だから遭難する)、心の葛藤でもある。できれば楽したいという気持ちもある。でもそれ以上に、ヒグマだけは怖いよぅ〜。ヒグマには全能力を使っても勝てない。ヒグマと素手で闘ったというアイヌはやっぱりすごい。
Commented by mariko-sugita at 2008-05-07 22:04
☆YASさま。
私は、理科の実験の鶏卵が、全部ヒヨコになって、家の庭で鶏になって、その鶏に、毎日いじめられて育ちました。
毎朝、産みたての卵を取りに行く係を 母に命ぜられていたので、私の顔を見ると、雄鳥が凶暴化するんですよ。怖かった〜ですよ。
大人になってから聞いた話によると、母は 毎朝、ソレを見て楽しんでいたそうなんですよ。 
Commented by mariko-sugita at 2008-05-07 22:14
☆散人師匠。
クマさんに出合ったら、死んだふりなんかしても、ダメな時はダメなんですってねぇ。最近になって知りました。
クマさんは、いつもお腹が空いていそうだから、
密封容器に焼きたてクッキーか何かを入れといて、
いざ 襲われそうになったら、
煙幕の変わりに臭いを出して、気を引きつけておいて、スタコラ逃げる! 
忍法クッキー隠れの術!だ〜
<< 岩牡蠣 モーコの記念撮影 >>