<< ホリー・コール Holly C... 石井好子先生のBirthday... >>
ロバータ・ガンバリーニ&ハンク・ジョンズ Roberta Gambarini & Hank Jones 「Lush Life」
e0048332_919126.jpg


e0048332_9194038.jpg


デビュー・アルバムにあたる前作の「イージー・トゥ・ラヴ」もお気に入りCDとなっていることもあり、¥1,000になるのを待てずに買ってしまいました。 でも、今回はさらに素敵な作品でしたよ。
イタリアのトリノの出身の彼女の声は、あまり癖がなく、歌い方も素直に感情を歌に託している感じがして、とても聴きやすいです。 編成は私の好きな、シンプルなトリオ・・・というか、ほとんど pianoとvocalの二人旅です。
ハンク・ジョーンズのピアノの素晴らしいことといったら、「こりゃ もぅ・・・ 歌手冥利に尽きるでしょう」と、言いたくなってしまいます。
暖かで本当に素敵なピアノの音色。。。その音に呼応し、大切に、心を込めて歌う歌い手。。。普段、ピアノ一本で歌うことの多い私にとって、とても勉強になる一枚でした。
by mariko-sugita | 2007-02-05 09:21 | 音資料 CD | Comments(2)
Commented by kugayama2005 at 2007-02-05 20:44
うむ〜。ライブに行った方がちょっとガッカリしたと書いてました。ボクはどっちかというとデビュー盤の荒削りの方がいいと思いましたが。それじゃボクも今週はジャズいってみます。
Commented by mariko-sugita at 2007-02-05 21:24
あらら・・・ そうだったのですか・・・ じゃあ・・・ 私は、明日は・・・あれだ!ファーストアルバムの方が好き!なアーティストさんをupしてみますね!
<< ホリー・コール Holly C... 石井好子先生のBirthday... >>