<< Charles Aznavou... パイナップル >>
エリック・サティ Satie:Piano Works
ミッシェル・ルグランのサティ:ピアノ作品集のCDが定価¥1,000となっておりました。
激安!と喜んで買ったのですが、久我山散人さんのブログによると、日本のCDの価格が高すぎるそうで・・・
「欧米の価格は1500円程度のものが多く、1000円程度が妥当な値段じゃないでしょうか。」との事・・・
考えてみたら・・・
国内版よりも、海を渡ってくる輸入版のほうが、価格が安いなんて変ですよねぇ。。。


e0048332_0471140.jpg


e0048332_0474414.jpg



もう1枚、お勧めのSATIEのworks for Pianoがあるのですが、行方知れずなので、とりあえず2枚・・・

ジムノペディの第1番・・・ルグランはかなり ゆっくりテンポです。4’00”かけて弾いています。
愛聴盤のアルド・チッコリーニのは3’08” で弾いてますので、比較しても、かなり遅い。。。
そのせいもあるのでしょうけれど・・・ちょっと指が太い音・・・という感じがしちゃいました。

何年か前に・・・
クラスド・フランセのマリック校長先生に、ジムノペディ1番にフランス語の歌詞を書いてもらったまま・・・
なかなか難しくて・・・ お蔵入りさせてしまっているので・・・
そろそろ歌ってみなくては・・・

p.s ミッシェル・ルグラン氏、現在、来日中です。
by mariko-sugita | 2007-01-30 00:54 | 音資料 CD | Comments(2)
Commented by ユリヤ at 2007-01-30 15:15 x
真理子さんのこのスレッドから、ミッシェル・ルグランの「Cleo de 5 a 7」(邦題「5時から7時のクレオ」)を1980年代にヨーロッパの某所で観た記憶が戻りました^^映画自体は1960年代前半のものだったと記憶していますが、シャンソン歌手の女性が主人公でした^^後で知ったんですが、ルグランもこの映画に出演していたとか・・・。
真理子さん~!ジムノぺティをフランス語で歌うときはご一報を^^
Commented by mariko-sugita at 2007-01-31 02:35
ユリヤさま! 変わらぬ優雅なコメントをありがとうございます。
私は~そうねぇ~ 何故か? パリで「愛のコリーダ」を観ました。
ど~ってことありませんでした。
<< Charles Aznavou... パイナップル >>