<< レイラ・ピニェイロ(Leila... クロアチアの選手交代を観ていた... >>
島田歌穂さんのコンサート
6/22(木) 東京芸術劇場 大ホール。 
島田歌穂さんのコンサートに行って来ました。
ゲストに錦織健さん。演奏は島健さんのトリオと、私も以前に御一緒させていただいた女性だけのオーケストラ
「ライム・レディースオーケストラ」のフル・メンバー。 指揮は児玉貴子さん。女性マエストロでした。

1部は、すべてミュージカル・ナンバー。 
サウンド・オブ・ミュージュック メドレー、 アルゼンチンよ泣かないで、~
バーンスタインのトゥナイトでは錦織さんとのデュエットでソプラノの音域に挑戦。
その他、センド・イン・ザ・クラウンズ(個人的に聞けて嬉しかった曲♡)等々・・・
ラストは、もちろん!オン・マイ・オウンでした。 
2部は、島健トリオとのガーシュイン・メドレーに始まり、
コーリング・ユー、 胸の振り子、 オリジナル曲の冬の雨・・・
中でも一番良かったのは、先に歌ったコーリング・ユーの余韻残こる中での最上川舟歌。
気持ちの良い、伸びやかな、実に素晴らしいアレンジでした。
歌穂さん、難しいでしょうけど、流石に歌い心地よさそうで・・・いいなぁ~
きちんとした長いキャリアの積み重ねによって築いてきたものが、安定感という型になって現れていた 素敵なコンサートでした。
by mariko-sugita | 2006-06-23 12:20 | 舞台、 コンサート | Comments(2)
Commented by kugayama2005 at 2006-06-23 23:22
センド・イン・ザ・クラウンズ(個人的に聞けて嬉しかった曲♡)
という意味を教えていただけませんか?

一ファンより
Commented by mariko-sugita at 2006-06-24 04:25
サラ・ボーンがね 歌っているのを聞いてから、いい歌だなぁ。と、思うようになったのですが、この歌をコンサートで歌う人ってあまりいないから、好きな歌が聞けると嬉しいじゃないですか。+違う歌い方が聞けると勉強になるしネ。島健さんのピアノとアレンジだし・・・嬉しいな♡ と思ったのでした。
<< レイラ・ピニェイロ(Leila... クロアチアの選手交代を観ていた... >>