<< 杉田真理子6月/ 7月スケジュール こちらは、シャンソニエ系のロー... >>
骨董品と古物とコギャルのパンティ
ネームカードをつくってみた。

古伊万里はアートか趣味かと迷ったのですが、
陶芸の類は趣味だろうけど、古伊万里は陶芸じゃないと思い、アートの欄に書くことにした。

日本酒Bar[螢月hotaruzuki]をオープンするにあたって、
店舗デザインを杉本貴志先生にお願いし、
私はきき酒師の資格を取ったり、古美術商認可を取得したりした。
お客様に今まで少しずつ集めた古伊万里の器で
お食事をしていただけるようなお店をつくるつもりでいたから・・・

しかしながら、現実は過酷なもの。
忙しくないのは、それこそ死活問題だが、忙しいことが古伊万里にとっては死活問題となってしまった。
「そんなスポンジで洗わないで!」
「水の中で重ねないで!欠けちゃうでしょう」
無理なことだと、オープンしてから気づいた。
私にとっては宝物のような愛しい伊万里も、価値観の違う人たちにとっては、
ただの古い皿でしかない。
気持ちが伝わっていないわけでは無いし、価値がわからないのでもないが、要は価値観が違うのだ。
古い器など俗にいう趣味じゃあないのだろう。

何年も人の愛情によって守られて生きてきた伊万里達を
我が手で何枚もの命を絶ってしまったことに、胸から血が流れるような痛みを感じながらも、
コンセプトとして掲げてしまった以上、すぐに引っ込めてしまう訳にもいかず、
祈るような気持ちで毎日を送り、
伊万里達は黙って磨り減り、欠け、私の犠牲となって消えていった。

可哀想なことをしてしまった。

・・・と、こんな内容の話を書くつもりなどなかったのに
趣味という言葉についての疑問を書こうと思ったのだが、今日はもうイイヤ。
インターネットの辞書によると
(1)専門としてではなく、楽しみにすること。余技。ホビー。
(2)物のもつ味わい・おもむき。情趣。
(3)物の美しさ・おもしろみを鑑賞しうる能力。好み。感覚。センス。
と、書かれている。やっぱり とても矛盾を感じるのです。
趣味の領域というのは、(1)程度のこと。という意味じゃなく、
一般のレベルを超えた領域のことで、
趣味人というのは、粋を極めた人のことを指していたはずじゃあなかったのかしら?云々・・・

さらに蛇文
私の持っている古美術商認可を取得というのは、美術品の鑑定士ではありません。
骨董品屋さんを開く資格のことです。
そもそも古美術鑑定士に資格なんてあったっけ? 肩書きはあるけれど・・・

許可証は、警察に行って申告をするのですが、
「こちらにどうぞ」と通されたのは、警察官の方々の机の並ぶ大きな部屋の片隅。
私以外は、な~んか汚そうな男性ばかり。エッチな目で遠慮なしに人のこと見ている。
なんか変!と思って担当の方に伺って・・・唖然。呆然。
なんと、古美術と古物商は同じ許可証なんだとか。
直訳いたしますと、
この男どもは、はき古したコギャルのパンティを売るための許可をもらいに来ていたんです。

骨董品とコギャルのパンティを同じ机で処理するような文化レベルの国なんですって。
中国などよその国にバレて大恥かく前になんとかして欲しいものです。

従業員の若い子達が古伊万里を粗雑に扱うのも当たり前なのかもしれません。
by mariko-sugita | 2006-06-01 12:21 | 雑記 miscellanea | Comments(10)
Commented by Cousin at 2006-06-01 17:27 x
こんちわ。
ん~~、古伊万里ですか~、良いですね。
その名前を聞くと12チャンネル「何でも鑑定団」で有名な、「いい仕事してますね~」のあの方を思い出します。
去年、歌仲間の或るご婦人から山本拓道作の「星野山錆釉平鉢」を頂いた。僕が持ってる益子焼大皿の「茶色」とは一味違った色合い、輝きが有る。上手い形容が出きないけれど・・・・何とも言えない"落ち着き"と"強さ"を感じる「茶色(?)」です。
時々自宅でパーティーをするのだけれど、これらの器を使って自分で料理したものを食べて貰ってるです。
目で楽しむのも料理の一部と思っているので、使う器も結構重要視してるって訳。 (^_^)v
もっとも、そんなに高価な物は無いけどね。 (^^ゞ アハハ
真理子さんの「そんなスポンジで洗わないで!」と言う気持ちは痛いほどわかるなぁ~。
でもやっぱり、沢山のお客さんに入って貰わなきゃ困るお店に使うのは・・・・チョットねっ。
「骨董品とコギャルのパンティを同じ机で処理するような文化レベルの国」?・・・・・そうだったんだ~?知らなかった。
初めて聞いたけどホントに日本は大丈夫だろうか??? (+_+)
Commented by kugayama2005 at 2006-06-01 22:21
古伊万里は恋真理のことと喝破した。
Commented by nightly at 2006-06-01 23:19
これは笑える!
コギャルのパンティーほどの薄っぺらい日本人の一人として、
これは笑えた!
Commented by nightly at 2006-06-01 23:22
真理子さま、どうか久我山散人に便座、じゃなかった座布団三枚あげてください!
Commented by kugayama2005 at 2006-06-01 23:27
>便座エース
どうかシモネタはスギタマだけにしておくれ。
Commented by mariko-sugita at 2006-06-02 02:40
バッチイのキライ。クサ~イのもイヤ。痛いのも、痒いのもイヤ、イヤです。ごめんなさい。もう変なこと考えません。いたしません。勘弁してください。私にシモネタのイメージをかぶせるのは、やめてくださ~い。お願いしますよ。
Commented by kugayama2005 at 2006-06-02 06:13
わかりました。すみません。でも、「ゃ」の字を書き忘れたら、キャー 大変よ!とか書いているのはスギタマですからね。・・・ところで伊万里の話しですが、京都の人が東京で食事をしてたいへん不満なことは、食器が良くないということらしいです。確かに、京都の座敷なんかは食器使用料が半分以上みたいなことろありますからね。
Commented by mariko-sugita at 2006-06-02 06:56
そう素直にあやまられてしまうと またまたまたシテ~も困りますぅ。 あのね。「女に二言はあるのよ。許されてるの。。。」
Commented by mariko-sugita at 2006-06-02 08:16
Cousinさん。器は使ってこそ器。かたちあるものは壊れるものです。ただ、心が痛むような使い方は、やはり間違っていたと思うのです。心を込めた手料理をお気に入りに盛っておもてなしする。最高じゃあないですか。自分も幸せ。相手もきっと幸せ。それで壊れたとしたならば、それはその子の運命。寿命というものだと思います。何か違う使い道を考えてあげるか、お別れと、ありがとうを伝えたら、土に埋めるか、燃えないゴミに出しましょう。
古伊万里の場合は、漆と金で繋いで修復したなら、美術品は別ですが、器としての価値が下がったとは考えないようです。お値段も美しく繋いであれば同じか、殆ど変わりません。欠けたり割れたりしたらきちんと直して、また一緒に暮らそうや。 昔の人の心意気。心の豊かさがこんなところに僅かながらに残っていたりするんですよ。
Commented by kugayama2005 at 2006-06-02 09:07
>「女に二言はあるのよ。許されてるの。。。」
そうかあ、それを知らなかったからボクは失敗ばかり重ねてきたのかもネ。
<< 杉田真理子6月/ 7月スケジュール こちらは、シャンソニエ系のロー... >>