<< 杉田劇場 夏のお酒 >>
パリ祭ありがとうございました。
e0048332_23195140.jpg
K.O.G.PHOTO

e0048332_23192792.jpg
K.O.G.PHOTO


e0048332_23201141.png
K.O.G.PHOTO


e0048332_23202546.png
K.O.G.PHOTO



e0048332_23205223.jpg

e0048332_23210969.jpg

e0048332_23212705.jpg

今年は、1部のブリュアンの赤と黒のコーナーで、
ダンディーズさんと、「サンラザールにて〜黒猫」を、
2部のダリダのコーナーでは、
大好きな歌、「18歳の彼」を歌わせていただきました。


フォルテの声を使って歌い上げるわけでもなく、
リズムも曲調もメリハリが効いてるわけでもないのに、
なぜか華のある曲です。

私なりに、パリ祭の舞台上という 貴重な時間を
愛しんで歌わせていただきました。


今回のドレスは、
前のドレープの部分が、だら長い衣装だったので、
気を使いながらステージを歩き、
なんと、初めて!💃
ドレスの裾を踏まずに歌い終え、
舞台袖までハケることが出来ました。
ささやかながら、大きな幸せ。❤️


今日は半日、寝たり起きたりして、
そして もう少しだけ、
次の大きなステージが、恋しく思ってる自分がおります。

嫌なのに恋しい。。。だから。。。30年もが過ぎたのね。



by mariko-sugita | 2018-07-08 23:26 | chanson | Comments(0)
<< 杉田劇場 夏のお酒 >>