<< じっと我慢の・・・ 影あそび >>
アバターを観てきました。
今日は、朝8:30に起きて千葉のケアハウスへ歌いに行ってきました。

ここは春になったら綺麗だろうな。。。
そんな瀟洒なケアハウスの、ガラス窓に囲まれた半円形の食堂に椅子を並べてもらって、
大きなお雛様をバックに、
「こんにちは・・・おひね様で〜す」・・・な〜んて自虐ギャグを発してきました。^^;


帰り道が珍しくスイスイで、いつもよりも早く都内に着いたので、3Dアバターを観てきました。

思っていた以上の迫力と美しさ。
すぐ目の前まで物が迫ってきたりして、思わず手が動いてしまったり、
3Dメガネをはずして確認してみたりしちゃいました。

人間によって美しい大きな木が倒されるシーンなど、自然や動物たちが殺されてゆく様は、
ある意味、人間が殺されるよりも心が痛み、残酷な感じがしました。
そして、いかに映画やTVの場面の中などで、人が殺される場面を目にすることが多く、
そういったシーンに慣れてしまっているかに気づかされたりもしました。
人間の欲という、底なしの残酷さに、気分が悪くなったりもしました。
これから、きっともっと、残虐な映画も3D化されていくのかと思うと、
なんだか怖ろしいな。とも思いました。

見終わったあと、いい夢を見られるような映画が増えてくれたらいいのに・・・
そんな事を思いながら家に帰って、
母とジャガモコの顔を見ながら、ちょっとビールなど飲んで、
やっと現実の幸せを感じることのできたsugitaなのでした。




アバターを観てきました。_e0048332_32132.jpg





 


ジャガモコ劇場は ブログ村に参加しています。
ポチッとクリック!ヨロシクお願いしま~す。

by mariko-sugita | 2010-02-11 02:28 | シネマ | Comments(7)
Commented by mayuhanakomono at 2010-02-11 09:48
おお話題の映画ですね。
私は3Dダメなんですよ。それというのも片方の眼だけかなりの遠視に乱視なので、良い方の眼だけで物を見る癖がついています。だから眼鏡をかけても立体にならないんですね〜。
映像から入ってくる情報はあまりリアル過ぎずにイメージを喚起してくれる程度が良いのかも知れません。写真技術が発達しても絵画はなくならなかったし。などと思いましたよ。
Commented by kugayama2005 at 2010-02-11 14:45
その映画って、
ダンス ウィズ ウルヴス
の、今版ですよね。

ボクは映画より
 ここのジャガモコ映像のほうが
ずっと おそろしいです。
Commented by kugayama2005 at 2010-02-11 23:45
おひね様
ははは、
マリ子さんて基本まじめだから
ギャグが凹むんだね
Commented by YYT at 2010-02-11 23:52 x
> おひね様

そんなに「おひね様」だったかなあ。では、Miss Twist、と呼んであげよう。

捻くれているように見えて、かなり真っ直ぐなお方と思っております。(でも、おひねりは好きだよね)(^o^)
Commented by mariko-sugita at 2010-02-12 00:38
☆mayuhanakomonoさま。
話題の映画・・・というのを観たのは、ちょっと久しぶりでした。
3Dというのにも惹かれたのですが、目が非常に疲れました。
目の奥の脳ミソまで疲れてしまった感じでしたよ。
Commented by mariko-sugita at 2010-02-12 00:50
☆散人師匠。
ダンス ウィズ ウルヴス・・・ヨカッタですよね〜。
あの頃はケビコス様に夢中でございました。
ウチのジャガモコは・・・猫だと思うと変なことになるので、
私の妹と思ってくれたらいいんです。^^*
ギャグも凹みすぎると、同情をかうことがあります。
あれは・・・マジ凹みますデス。
Commented by mariko-sugita at 2010-02-12 00:53
☆YYTさま。
うぅぅ。。。自虐の上塗りになりますが。。。
この場合、ひねくれ者のひねではなく、ひね生姜のひねです。
直訳しますと・・・
もう、とっても若くない・・・ということになりますでしょうか。
<< じっと我慢の・・・ 影あそび >>