ウナ・カンツォーネ
e0048332_415943.jpg
昨日は四谷三丁目にあるウナ・カンツォーネの出演日。
可愛いらしい横山智子さんと一緒でした。
←写真は、今年、旧ウナ・カンツォーネでのお正月。
  ピンクいろが横山さん。赤いお着物は花木佐千子さん。


ウナ・カンは月一回のペースでもう何年も歌わせてもらっているお店です。6月に同じ四谷三丁目の駅近くに移転したのですが、もうすっかり馴染んでいてお客様もそれぞれに、居心地のいい場所のお席を確保しているみたい。
+αこれは大事なポイントで、いいお店って経営者の予想しないような場所に小さな人溜りがいくつかできてくるんですって。よかったネ!

オーナーの高橋良吉さんに、「どんなコンセプトのお店にする予定なの?」って聞いたら
「歌い手さんに控え室と少しでいいから高さのあるステージで歌ってもらえるお店にしたいんだ。」
・・・というお答え。
経営面からのおせっかいな質問をロマンで返してくれる、良ちゃん大好き! 
そして私は、相変わらずリラックスし過ぎ?以前と同じように、
ウナ・カンツォーネに恒例の忘れ物をして帰ったのでした。

(↓ちょうど一年前。ウナ・カンで阿久津さんとバースティ・コンサート)

e0048332_4334475.jpg
e0048332_4422199.jpg

e0048332_4481572.jpg

e0048332_5361212.jpg



e0048332_5462434.jpg

# by mariko-sugita | 2005-08-17 01:16 | chanson
ジャック・ブレル「行かないで」 (パリ祭2005)
パリ祭が終わった。
(今年は7月7日だったので、もう一ヶ月も前の話なのですが、、、)
恒例のNHKホールで行われる石井好子先生と音楽事務所ネオ・ムスク主催パリ祭は
日本のシャンソン界の一大イベントだ。

今年私は、ジャック・ブレルの「行かないで」を歌った。
この歌は、レイモン・ルフェーブル・オーケストラとの私の2枚目のCDに録音したこともある歌なのだが、原曲から素晴らしい曲だ。
原作者のジャック・ブレルのビデオはこの曲中ずっと、ハンサムとはいえないが魅力的なゴツイ顔で分厚い唇の男ジャック・ブレルのドアップを固定カメラで映し続けている。
ブレルはカメラの向こうからずっとレンズを見つめ、語りかけるように歌う。
と、彼の大きすぎる瞳からすっと涙が流れる。
男が女の為に流す最高に美しい涙だ。
若くして癌でこの世をさっていった彼の命そのものが溶けてゆくような、濃そうな味を想いおこさせる涙顔は、
嫉妬心とサディズムでグラグラしてくる程の哀れさだ。
駆け寄って抱きしめたくもなるが、惨めでうざったい姿に乱暴に突き放したくもなってくる。

歌の難しさが幾重にも襲い掛かってくるような映像。
まず、こういう男泣きの歌だ。女が歌うのとは根本的に違う。

そうそう、フランス語は、男性名詞と女性名詞に分かれているせいもあるが、男性が女性の言葉で「あなた~」と歌ったり、反対に、女性が男性の言葉で「僕は~」なんて歌う事は、まず無い!そうだ。
日本は演歌の影響か、古いフォークソングの影響なのか、歌舞伎の世界観が根底にあるのか?どうも特異な文化のひとつらしいのだ。
私が、日本では男性の方が女心を歌うのが上手い例はいくつもあるとフランスのコーディネーターに言ったら、
「そういう男はブローニュの森に立ってるといいわよ」だって。辛らつなジョーク。
(ブローニュの森でヒッチハイクをしているのは、♪コートを脱げば下は裸~本当にスッポンでプリンとした胸と男性器を惜しげもなく見せびらかしてくれる美しい顔を持ったよくばりさんのシーメール達だからだ。)

話がそれちゃったし、長くなったので、続きはいずれまた・・・

ps. でも私はこの歌が大好き。自分の言葉でずっと歌ってゆきたい歌なのです。
# by mariko-sugita | 2005-08-15 00:54 | chanson
8月の LiveSchedule
8月e0048332_7455579.jpg
 8(月)なかがわ/赤坂pm8:00~
16(火)ウナ・カンツォーネ/四谷三丁目pm8:00~
19(金)ラ・ベル・エポック/吉祥寺pm7:30~
23(火)蟻ん子/四谷二丁目pm7:00~
26(金)ホテル・パシフィック東京30F [ブルー・パシフィック] 品川



8月のブルー・パシフィックは・・・
♡キャッハッ! スゴッ腕ジャズ・ギタリスト細野義彦さんがいらしてくださいます。
ジャズバイオリンの寺井尚子バンドのリーダーもなさっているので、この夏はTVのビールCMで寺井さん達と楽しそうにビールを飲んでいる姿を何度もお見かけすることができました。
ビギナー・ジャズ歌手の私は、申し訳ありません!と言いつつその優しさと忍耐強さに甘えて、こうしてまたお付合いいただいている訳です。スミマセン。
ホント♬ありがとうございます。
細野さんのギターは、美しくて・・・色っぽくて・・・どうにも・・・心奪われる音色です。
夏の終わりから秋への この時節に、少し物憂いボサノバやメロディーラインの美しいバラード、
そして、いつも歌っているシャンソンに+α 細野さんのギターで歌ってみたい曲が溢れています。

そして、ピアニスト深井克則さん
ピアノを弾いていただくのはモチロン初めてなのですが、初台のオペラハウスから新宿駅まで事務所の社長の車で一緒だった事がありまして、その時の印象と二人の会話から察すると、
{エネルギッシュでテクニック抜群のピアノニストさん。私生活も超多忙ナリ。}フムフム・・・
{昨日家に帰れなかった}♂♀?とな・・・

深井さんが降りられたあと、当然、社長は私の質問攻撃に合ったわけですが、
ニコニコ(*^。^*)と何時もの誠実さでマジメなお答えを返してもらっただけ。
小学校の通知表に{授業中の空想癖を直しましょう}と添書きされた程の筋金入りの夢見る夢子の私の頭のナカでは?
♡パツキン(金髪の女性を称するジャズ用語)モテモテの図完成♡となったまま、次の話題へ移ってしまったのでした。

で!今回、ご一緒と言う事で深井さんのHPを開いてビックリ吃驚。
極チョット御紹介。まず、ご自身の演奏活動やアレンジなどがあって、その他に、「高橋達也と東京ユニオン」「原信夫と♯&b」の在籍経験からビックバンドのクリニックを全国で行っていたり、伊藤君子・伊東たけしなどへのアレンジ提供、ヤマハのピアノ指導者の為の企画運営に携わり、様々な講座を開講していたり、他にピアノや作曲の個人レッスンetc...
e0048332_828408.jpg
本当に真面目で超多忙の方です。ごめんなさい。(あやまりつつ、なぜか写真載せてみる)
←その奏法から日本のミッシェル・カミノと呼ばれているのです。 
そして先月と同じメンバー Bass松本雄二さん Drs渋谷健司さんも
参加してくださる予定です。
ぜひ、聞きにいらしてくださいね。
心よりお待ち申しあげております。

  Open  6:00p.m
  Show Time
  8:00㏘~ 8:45㏘ /9:10㏘~ 9:50㏘ /10:15㏘~11:00㏘
  ★pm9:00まで★飲み放題・ワンフード付き・チャージ込みで¥3.900

  以降は通常メニューになります。
  pm9:00前からのお客様のチャージ追加はありません。ボトルメンバーは半額。
  45分ステージ×3回でこのお値段!(私の出演日だけ☆安いデー☆じゃないからね)

  御予約は  03-3445-0875 又は 直sugitaへ・・・
  できるだけステージ近くのお席をご用意させていただきますので
  前もっての御予約をお勧めいたしております。

27(土)蛙たち /銀座pm7:40~03-3571-4417
31(水)ヴィラージュ / pm8:00~03-3357-3007


9/30の蟻ん子のジョイントコンサートも そろそろ 考えなくてはいけないのだけれど、
この夏は集中して歌い込んでおかなくちゃいけない曲が多いのに
(・・? 以前の自分が羨ましく思えてくるほど 時間かかっちゃうのよね。。。
                                         \(◎o◎)/!
# by mariko-sugita | 2005-08-14 17:59 | スケジュール schedule
LiveSchedule 7月&8月
e0048332_1014505.jpg

# by mariko-sugita | 2005-08-13 21:20 | スケジュール schedule
訃報 榊原栄さん
e0048332_684575.gif

指揮者で作曲・編曲家の榊原栄さんの訃報を伝える電話を受けたとき 
なにかずっしりと重いものが 本当に胃の奥の方に沈んでゆくような感じがしました。
心が受け入れるよりも先に 身体の細胞が哀しみを認識したのかもしれません。
かなり前からお加減が悪いことは知ってはおりましたが、
「また~?! 気遣って無理しすぎだよ~」  
まさか亡くなるなんて 誰も微塵も考えていなかったから、
きっと皆なこんな調子だったのではないでしょうか。
榊原先生とは主にオーケストラ・アンサンブル金沢の
演奏会で、結局、何回御一緒させていただいた事に
なるのでしょう?
夏のスクール・コンサートでは、毎日移動のバスの中でずーっと眠りこけている私に呆れてらしたそうですが、とにかく本人はずっと寝ていたので、その時は知る由もありませんでしたが・・・^^;
でもね、アンサンブル金沢のオーケストラのメンバーの方達にお尻を向けて舞台に立ち (学校の体育館のときもありましたよね。あの雰囲気も新鮮すぎて妙に緊張したっけ・・・) 前にはお客様。背中からは、めいっぱい「気」いわゆる気功の「気」のようなものを感じ、圧されてしまいそうになりながら、横斜め後ろ上方のマエストロ榊原の熱さ (この場合は体温の熱さも含む)を意識して、キャッチしながら、「ひょっこりひょうたん島*モーニング娘ヴァージョン」や、「千と千尋の神隠し」や、「夏の思い出」等を、生(なま)オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏をバックに歌うのは (しかも真昼間から・・・) けっこう消耗するのですよ。シャンソン歌手にとっては・・・
・・・でも、もっと話をしておけばよかったな
・・・次の日の声の状態を気にして飲み歩きにくっいて行かなかったのも心残りだな
・・・回文、ひとつもつくれないままだな
・・・何軒も立ち寄ったお蕎麦さん。美味しかったな
・・・もう一度・・・歌いたかったな 
ブログを書いているうちに、指揮者として、私の成長過程や長所・短所を知ってくれている唯一
かけがえの無い人が、居なくなってしまったのだと気がつきました。
オペラ歌手ではない私たちが、プレッシャーとコンプレックスの固まりとなりながら
オーケストラをバックに歌う歓びの時
心を許し託すことのできる本当に貴重なマエストロでした。59歳だったそうです。
謹んで心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ありがとうございました。 
e0048332_582252.jpg

e0048332_622434.jpg

e0048332_6392471.jpg
e0048332_6402532.jpg
e0048332_6411021.jpg
e0048332_642057.jpg

e0048332_6421937.jpg

  +α 先生の亡くなられた8月11日は私のお誕生日ですよ。
# by mariko-sugita | 2005-08-12 06:26 | chanson
ブログ始めました。
e0048332_6541454.jpg私はシャンソン歌手です。
+α最近は、月に何日かジャズ歌手になります。
私はきき酒師です。
私は自称「明るいひきこもり」です。
もうひとつ、自他共に認める(^^ゞ リバウンドの女王です。

様々な人生の歌、数え切れないほどの愛のかたち、
生きることの素晴らしさ、生きてゆくことの残酷さ、
すべてを歌に託します。
それゆえ、必要以上に物事を深く掘り下げて考えようとする
習性をもっています。
♪貴方の愛さえあれば人生はバラ色に輝く・・・と歌いながら、
信じられるものの少なさに、寂しさを覚えます。
ホントは人が苦手です。
なのに、歌い手という人種の性、愛されていないと感じると、
それこそ声も出なくなってしまうのです。
好きな歌しか歌えない。。。 頑固で不器用な歌手です。
幸いなことに、私のジャンルは昔の名曲を何十年も歌い込んでゆけるマニアックな世界です。

私は一人っ子で、秘密主義です。
とてもブログ向きの性格とは言えないので、なかなか先に進めませんでした。
大体、何もしていない日はどうすんのよ?
また石井好子先生に、★☆ナマケモノー☆★って怒られちゃうかな。。。
今月は○×△以外、家から外に出なかったゾとか
バレたら困ること い~っぱいだぁ✽✽✽

さて、かくも仰々しく足掻いていた私の心変わりの理由?は、また今度・・・
あっそうそう・・・ 心変わりで思い出したんだけど、
"女心と秋の空~" って、本来"男心と秋の空~ "だったんだよね。
ついでに "女は度胸、男は愛嬌" "男のマメさは七難隠す" の方が正解だと思いません?
# by mariko-sugita | 2005-08-12 04:15 | 雑記 miscellanea