<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
メアリー・コクラン&ロリーナ・マッケニット
才能と魅力に溢れた歌い手は
往々にして・・・ 自らサッサと歌の世界から身を引いてしまう方が多い。
どうも 自分の歌に自分で見切りをつけてしまう・・・というのが主な理由のよう・・・

ハスキーな歌声と、極細の折れそうな華奢なボディで
私からしてみれば
それこそ涎ものの歌手だったのに・・・
根強いファンも多かったのに・・・
あまりに耳が良く、お利口過ぎるために・・・
シャンソン界から足を洗ってしまった歌い手仲間のM.Nさんが
一週間前、×年ぶりに現れ、
その翌日に、私にCDを送ってきてくれました。

二人のアイリッシュ・シンガーのCDでした。

一人は、私に足りないところを兼ね備えた歌手。
もう一人は、私の声に向いているだろう歌手。

どちらも・・・そのまま・・・じっと・・・聞き惚れてしまいました。

彼女らしいCD・・・

抜群に(←もはや死語かもしれない単語ですが・・・)
センスがよくて(←これも、半死語かもしれない・・・)
さり気なく・・・難易度が高く・・・
・・・そして・・・暖かい。

私も、彼女も・・・
人見知りの言葉足らず・・・といった人間同士なのですが・・・

そして私は、彼女と一緒にいると、
自分の無知さゆえに
塩をかけられたナメクジみたいになりたくなってしまうのですが・・・

頂いた音を聴くたびに・・・
日々、逢いたさが募ります。


e0048332_1341633.jpg


e0048332_1344590.jpg



メアリー・コクランとは、お知り合いなのだそうです・・・ 
同封のお手紙に、日本語ウェブサイトも書き添えてくれてありました。
www.marycoughlan.net

手紙の最後に・・・
Macでご拳闘を!? とも書かれておりました。
ハイハイ(笑)頑張ります。。。
by mariko-sugita | 2008-03-02 01:35 | 音資料 CD | Comments(0)
ブルー・パシフィックありがとうございました。
ラウンジでピアノを弾くのは・・・何年ぶり???という
岩間南平Duoのお陰もあって・・・
沢山のお客様・・・本当にありがとうございました。

ジャズと違ってシャンソンは、
特にピアノ一本じゃない場合は、尚のこと
その場の雰囲気で曲をチェンジする!という事が難しかったりするので、
(だって・・・何時間も前に会場入りして音合わせもしてもらうんですもの・・・)
選曲は本当に慎重を期するところなのですが・・・

そこの辺りのバランスは
う〜ん。。。昨日はちょっと反省点ありだったかも。

でも、ホントはね。
私自身は、お客様が楽しんでくださっていれば、それで・・・
結構なんでもOK! そんな性格だったりするのですが・・・
だからこそ、
深く考えておかなくてはいけない部分があるんですよね。
by mariko-sugita | 2008-03-01 23:56 | Blog | Comments(0)