<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Ella Fitzgerald 「A SWINGIMG CHRISTMAS」
メリークリスマス!
今夜は満月のクリスマス イヴでしたね。
なんだか発情しそうな・・・
イエイエ・・・愛に溢れたイヴを・・・
お過ごしになっていらっしゃることかと存じます。

相変わらず、おなかの痛い私は・・・
誰かとキスを交わすことも許されず・・・

この分だと・・・いつの日か・・・家族の居ない夜が来るのだ!と
考えさせられたりしながら・・・
一人鍋奉行ごっこなどをいたしておりました。

でも、入院中とはいえ、ママは元気だし・・・
幸せだと感じています。

皆様も、どうぞ心暖かなクリスマスでありますように・・・


私の大好きなクリスマスアルバムは・・・
エラ・フィッツジェラルドの「A SWINGIMG CHRISTMAS」です。
特に、1曲目のジングルベルは凄い!ったら・・・
初めて聴いた時は、あまりの巧さに・・・多分・・・
一曲中、ポカンと口を開いたままだったように思います。(笑)


e0048332_1492431.jpg


e0048332_1504118.jpge0048332_151257.jpg
by mariko-sugita | 2007-12-24 23:33 | 音資料 CD | Comments(0)
ブログをサボッていた間の10大ニュース
e0048332_294639.jpg第10位
高校時代の同級生のお母様と妹さんが、
ヴィラージュに来てくださいました。
懐かしかった〜
忘れかけていた思い出が、
どっと押し寄せてきました。。。

可愛らしい薔薇の花束をいただきました。
一週間たった今日も、
まだ元気に咲いてくれています。
どうもありがとうございました。



第9位
腹痛の為、麻美れいさんのディナーショーに行かれませんでした。
とっても楽しみにしていたのにぃ・・・


第8位
どこかでみたような・・・お布団で・・・
ホームレスさんが、寝ていました。
あれは・・・間違いなく・・・
私が粗大ゴミのシールを貼って出しておいた・・・私のお布団です。
なんだか・・・すっごく恥ずかしかった。。。

でも・・・ まぁいいや・・・
夜は寒いですものね・・・ 見て見ぬふり。。。


第7位
私の部屋の下の階は、ヤマハの組み立て式の防音室になっているので、
一応、暮れの大掃除をしに行ったら、
ヤケに埃っぽい・・・
よ〜く考えてみた結果・・・ 
上の階にあたる私の部屋で再チャレンジした、ビリーズブートキャンプのせいではないかと・・・思う。


e0048332_229219.jpg第6位
「シャンソニエ」という名の
素敵なレストランで歌ってきました。
フレンチのフルコース付きでした。ウフッ。。。
いわゆる音楽業界の方々ばかりで、
身も細る想いでしたけれど・・・

ダブルノートさん、
今年もいろいろとありがとうございました。
感謝いたしております。


e0048332_2564760.jpg
第5位
前田憲男先生のクリスマスコンサート
今年のゲストは、コンサートでもお世話になった
桑山哲也さんでした。
トークも演奏も素晴らしく
天才桑山ぶりを発揮して、
キラキラ輝いていました。
前田先生も楽しそうでした。
先生のミスティは・・・溜息ものの美しさ!


e0048332_32574.jpg
第4位
古坂るみ子さんと花木さち子さんの二人芝居
メアリースチュアートを観てきました。
私は、大した友人を持っているのだわぁ・・・
つくづく、そう思いました。
芝居はもちろん素晴らしかったですが、
影の努力は如何ばかりかと・・・思うに・・・
本当に凄い!と頭も下がるし、
尻尾も下がります・・・(笑)
とにかく・・・おめでとう!


第3位
食べ過ぎ?食中毒?ノロウィルス?か・・・
3日間続けて忘年会?をしたからか・・・
古坂さんの芝居を観た日の夜から、
エクソシストのような嘔吐と下痢で苦しみました。
打ち上げには、大勢参加していたのですが、
他の人は誰も腹痛になっていないので・・・
私が弱っていたのでしょうか? デリケートなのでしょうか?
今でもまだ胃が痛むのですが・・・
困った事に、食べると痛みが治まるので・・・
こんなに痛いのに・・・痩せない・・・
♪それが〜哀しい〜


第2位
私のウィルスが?母にうつり・・・
可哀想なママは・・・また入院してしまいました。
年内には退院できそうなのですが、
免疫力の弱い母の事を、もっと気遣ってあげなくてはいけなかったのに
他の人たちは、誰もなんともなかったので・・・油断してしまった・・・
ごねんね。本当にごねんなさい。


第1位
12月2日
愛猫であり、私のとっては妹であり、母にとっては末娘だった
アメリカン・ショートヘアーのかの子ちゃんが・・・とうとう死んでしまいました。
老衰で、日々枯れてゆくような状態でした。
最盛期には6キロほどあった体重も亡くなる3日前に、最後にお医者に行った時には、わずか1.5キロでした。
おそらく最期は、1キロ無かったと思います。

あの子が居なくなって・・・
部屋のドアを少し開けておいてあげることも・・・
流しに洗剤を残さないように気をつけることも・・・
ホットカーペットの温度に気をつけることも・・・
お土産に、お刺身を一切れ持ってかえってあげることも・・・
急いで家に帰ることも・・・
・・・もう全て必要のないことになってしまいました。

死んでしまったのに、あまり悲しんだり、名前を呼んだりすると
逆に心配して・・・天国に行けなくなってしまうと
そう聞いたことがあるので・・・努力はしてみたのですが・・・

「おはよう!かのちゃん!」「ただいま〜!かのちゃん!」
「おやすみ」「お利口さん」「可愛い!可愛い!」・・・ ・・・ ・・・

耐えられず・・・とうとう禁を破った母・・・
「一年間は、成仏させてあげないことにした。。。」
・・・そう言いながら・・・朝から名前を呼びまくっておりました。
by mariko-sugita | 2007-12-23 01:59 | Blog | Comments(4)