<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧
「羽田健太郎ファンタジーワールド」

e0048332_673179.jpg


フレサよしみ 埼玉県比企郡吉見町民会館 ←詳細はコチラ!
2007年2月25日(日) 開演pm3:00 (開場pm2:30)


e0048332_69467.jpg


ワープ上里 埼玉県上里町総合文化センター ←詳細はコチラ!
2007年2月27日(火) 開演pm66:30 (開場pm6:00) 




羽田健太郎 ファンタジーワールド のチラシが出来てきました。

「宝くじ文化公演」ということで・・・
なんと!チケット代¥2000.- なのです。
お近くの方は、是非!
上記へ直接お申し込みくださいね。
2006年12月9日(土)am10:00より前売り開始です。
応援にきてくださ~い! よろしくお願いいたします。
by mariko-sugita | 2006-11-28 06:13 | スケジュール schedule | Comments(4)
空中ブランコ
e0048332_1114276.jpg
遅ればせながら・・・
第131回直木賞受賞作品「空中ブランコ」読みました。
前作の「イン・ザ・プール」は、
スイミング依存症の女優の為に読んでみたのですが・・・
今回も・・・
夜中に・・・
5回はデッカイ声を出して笑い・・・
8回はブーッと噴き出しました。
電車の中で読むには・・・
・・・オススメできません。
by mariko-sugita | 2006-11-27 01:06 | お気に入り favorite | Comments(3)
今日は蛙たちでした
e0048332_2435088.jpg


私は人の歌を聴くのが好きです。
以前は・・・自分が歌っていなかったら、もっと楽しめたのに・・・
本当は、歌うよりも聴く方が好きかもしれない・・・と思っていた時もありました(笑)

客席に座って聴くのはもちろんですが、
舞台の袖や、ステージの裏で歌を聴くのは・・・
涙が出る程・・・胸が震える程・・・大好きです。

なんというか・・・生きている!と実感できるんです。

歌手として・・・人として・・・女として・・・
その人の生き様や、その他の様々なものが、
透けて見えるような・・・浮き出てみえるような・・・
エネルギーのメラメラが見えるような瞬間があるからなのです。

蛙たちというお店は、
歌い手が他の歌い手の背中を、ゆっくり観ることができる構造になっているのです。
ステージの後方に歌手達の控えのスペースがあって、
この写真のような風景の中で、
自分の歌う順番が来るまで、
次に歌う譜面を選んだり、
コーラスをしたり、チャチャを入れたり?・・・出来るんです。

だから・・・私が一番多く目にしたことになる歌手の背中が・・・
この人・・・珠木美甫さんの背中・・・ということになります。
後ろから見ても (もちろん前から見ても!) 凛とした美しい歌い手さんです・・・
この写真は、ピンボケだけど・・・
私の大好きな・・・シーンなんです。
by mariko-sugita | 2006-11-26 03:01 | chanson | Comments(6)
免疫力の弱い私の風邪の治し方は・・・
e0048332_0353612.jpg



いつもは・・・
大好きなアロマの香りに癒されているのですが・・・

でも、風邪っぽい時は・・・「薬湯 長寿元」←楽天等でも買えます。
漢方なのです。

いかにも効きそうな、赤茶色の薬湯が、
私を ポカポカ → グニャ~ン にしてくれます。

いろんな方法をミックスした・・・
あくまで、私流の初期の風邪の治し方なのですが・・・

風邪のウィルスを撃退するには、
体温を〇〇度以上を〇〇分以上保つ必要がある・・・と
TVで偉い先生がおっしゃっていたのですが・・・
あれれ? 正確な数字は?・・・忘れちゃいました。


では、入浴法です。
まず、ミネラル・ウォーターをコップ一杯飲んでから・・・
(私の場合は、シバリンから教えてもらった非過熱 弱アルカリ性の「一万年純水」
少し ぬるめの薬湯に入り、
熱いシャワーを足元の上方から出しながら、
ミストサウナ状態にします。
体力を消耗しない程度、汗が出始めたら・・・苦しくなる前に、一旦上がります。

頭にタオル。首周りにもタオル。身体には厚手のバスローブを着て、
ホカホカに暖めておいたお布団に入り、ごろ寝をします。
20分はおとなしくしています。
この間に、驚くほど質の良い汗が出るのです。

もう一度、ミネラル・ウォーターをコップ一杯飲んで
血液ドロドロを急いで薄めてあげてから、
今度は、湯船に入ったり、身体を洗ったり・・・
短時間の 出たり入ったりを、何度か繰り返します。
これで、約1時間コースです。
(元気な時のダイエットコースは、もっと時間がかかります。)

足湯よりも、身体に楽で、発刊作用がありますよー
お試しあれ・・・

それと、・・・私は・・・
湯船の中に入りながら、
電動の歯ブラシで歯磨きもします。
蒸気の中で、歯を磨き、
その後で、深いうがいをし、鼻をかむ!
これが、大事なポイントの一つだからです。
粘膜についたバイキンや花粉をおとすのに、有効なのですよ!

p.s
この薬湯の時は、
素潜りは、いたしません・・・
by mariko-sugita | 2006-11-25 00:44 | お気に入り favorite | Comments(7)
アンナ・ネトレプコ Anna Netrebko [THE ROSSIAN ALBUM]
e0048332_143329.jpg


久我山散人師匠のオススメで、森麻季さんのCD「愛しい友よ」をiTunesで買いつつ、
私もジャケ写買いしてしまいました。
iTunesでも、ジャケ写買いというものかどうかは???ですが・・・
by mariko-sugita | 2006-11-23 01:22 | 音資料 CD | Comments(0)
百年紅玉
e0048332_2354205.jpg


・・・なんの芸も無い写真ですが・・・
大好きな紅玉が、そろそろ傷みそうなので・・・冷蔵庫に並べてみました。

そういえば・・・飲食店を経営していた時は、
ウチの中や、ベランダに、
野菜用だとか、日本酒用だとか、冷凍庫だとか、ナンだとか・・・
冷蔵庫が何台もあって、なんだか息苦しかったのよねぇ~

↺ え~っと・・・話を戻しましてぇ~

個人的幸せの図なんですけれど・・・ 綺麗でしょ!
100年の樹という有名な紅玉の樹になった紅玉様なのであります。

私、実は・・・今でも・・・
「おリンゴスリスリ」すりおろして食べるの・・・好きなんです。
小さい頃 (私にだって・・・小さい頃はあったんだもん) よく熱を出していたから・・・

この前、母にスリスリしてあげたのですが・・・
・・・なんだか・・・すこし・・・恥かしかったデス・・・

p.s  私のつくる焼林檎は・・・ホロッと酔うほど美味しいのよ。

p.s-Ⅱ 
ホロッと酔うほど・・・というのは・・・ホントにブランデーとか、ブラントンとか・・・いっぱい入れるのよ。 あと・・・バター+ハチミツ+メープルシロップとか・・・その時によってドライフルーツ差し込んでみたり・・・シナモンかけたり・・・
私は、ブラントン+メープル&バニラのアイスクリームも一緒にお口に入れるのが好き・・・超熱いのと超冷たいのを同時に入れるの。
by mariko-sugita | 2006-11-23 00:06 | 食 eat | Comments(5)
今日はヴィラージュ
e0048332_675971.jpg
仲良しの古坂るみ子さんと一緒でした。
彼女は文学座の女優でもあり、医者の娘で医者フェチ?でもあります。
多分 首からきているであろう・・・手の痺れがあるそうです。
この写真では判りにくいですが、今日の彼女のイメージは・・・
ナチの将校の愛人として生き続ける映画 「愛の嵐」」 のシャルロット・ランプリングのようでした・・・
アウシュビッツで切られたような、ジャキジャキカットのウィッグと首のコルセット?が、
なぜだか・・・妙に彼女に似合っておりました・・・

私はコンサート後 初のライヴだったのですが、
まるで・・・シンデレラの魔法が解けたように、酷い声で酷い歌・・・
Aちゃん・Mくん・・・申し訳ない。ごめんなさい。

10年間もコンサートを控えていた理由は・・・ただただ・・・身体と声が不安定だったからなのですが・・・
とにかく・・・体調云々に関わらず、ある程度の水準で歌える事を、当面の第一目標としなくては・・・
by mariko-sugita | 2006-11-22 06:28 | chanson | Comments(1)
「ムーランルージュ」 オリジナル・サウンド・トラック
e0048332_10423520.jpg


アイススケートのキム・ヨナ選手がショートプログラム でムーランルージュのテーマをバックに滑っていたので・・・

タイトルはムーランルージュ・・・ですが・・・
パリ祭で歌えそうなのは・・・13曲目のムーラン・ルージュの歌だけです。(笑)
でも・・・いい曲が入っていて・・・楽しめます。
デビット・ボウイの歌う・・・NATURE BOY ...
ユアン・マクレガーのYOUR SONG...
スティングのROXANNEは、エル・タンゴ・ロクサーヌとなって、懐かしいホセ・フェリシアーノが参加しています。(高橋大輔選手のEX使用曲はこの曲でした)
そのほかにも・・・ニコール・キッドマンはもちろん・・・
U2のボノ・・・ クリスティーナ・アギレラetc...
実に多彩な顔ぶれで、全体にどこか退廃的な香りを漂わせながら、
全く新しいムーランルージュとなっていました。



p.s 昨夜は・・・Iさんのお誕生日を理由に・・・「蛙たち」で飲んでしまいました。
by mariko-sugita | 2006-11-21 10:44 | 音資料 CD | Comments(1)
速報!「羽田健太郎 ファンタジーワールド」
来年の2月25日なのですが・・・なんと・・・チケット代2000円です。
まだチラシもないのですが・・・お近くの方は、是非!
下記へ直接お申し込みくださいね。
12月9日(土)より前売り開始です。
応援にきてくださ~い! よろしくお願いいたします。

宝くじ文化公演
「羽田健太郎 ファンタジーワールド」
会場: フレサよしみ 吉見町民会館


e0048332_5245310.jpg
開催日時 :平成19年2月25日(日)          
開場:午後2時30分、開演:午後3時、終演:午後5時(予定)
出 演 者 : 羽田健太郎(お話・ピアノ)、三村奈々恵(マリンバ)、
         赤木りえ(フルート)、杉田真理子(歌)

e0048332_5253040.jpg
演奏内容 : スクリーンミュージック&ポップス
         ♪「渡る世間は鬼ばかり」、「シェルブールの雨傘」、「星に願いを」他

入 場 料 : 全席指定 2,000円          
※宝くじの助成により、通常料金の約半額となっております。
未就学児の同伴・入場はご遠慮いただいております。

e0048332_5261749.jpg
発 売 日 : 12月9日(土) 午前10時より
 (電話受付は午後1時より)

e0048332_526398.jpg プレイガイド : フレサよしみ 吉見町民会館
          TEL 0493-53-1331
          (電話での購入はフレサよしみのみで受け付けます)
          以下の店舗は店頭販売のみとなります。
          吉見町=道の駅 いちごの里よしみ(53-1530)
                荒川荘(54-4768)
                フレンドシップハイツよしみ(54-2030)
          東松山=まるひろ旅行サービス(0493-24-3888)[丸広百貨店1F]
          鴻巣  =JTBリノンツーリスト(048-548-5711)[アピタ吹上店1F]
          熊谷  =八木橋百貨店8Fプレイガイド(048-523-1111) 




■〒355-0119 埼玉県比企郡吉見町大字中新井508番地 
TEL 0493-53-1331   FAX 0493-54-8733
■休館日/月曜(祝日の場合は翌日)及び年末年始
■利用時間/AM9:00~PM9:30
■申込時間AM9:00~PM5:15
by mariko-sugita | 2006-11-19 05:11 | スケジュール schedule | Comments(1)
アンナ・プリュクナル Annna Prucnal
e0048332_3324285.jpge0048332_3332735.gif



ポーランドからフランスへと亡命し・・・
「パンクより激しいシャンソン」といわれていたポーランド出身の女優・・・
もう歌わなくなって随分たつはずなのに・・・
今でもフランスで根強い人気を誇る歌手・・・
アンナ・プリュクナルのCDがAmazonで買える様になっていました。
フランスでも、廃盤状態だったりで、以前はベスト版以外はありませんでした。
シャンソン・ファンの中には、待ってましたー!という方も多いのではないかと思います。
輸入版だけしかないようですが・・・
早めに買っておいた方が良いかもしれません。

音楽家以外の方にも、人生を変えた音楽というものがあると思いますが・・・
「Reve d'Ouest Reve d'Est.....」のCDの8曲目に収められている
「Dzis Do Ciebie Przyjsc Nie Moge (Je Ne Pourrai Pas Venir Chez Toe ...)  今夜は帰れない」は、
私にとって・・・そんな特別な歌のひとつです。

先日の王子ホールのコンサートは、
1部に岸洋子さん。2部に映画音楽・・・と、
ある意味、企画ものだったので、
自分の好きな曲ばかりでプログラムを構成できたという訳ではありませんでした。
自分の好きな歌が、その場に合っているとも限らない・・・
なんてことも・・・十分に判るようになったし・・・
それらは・・・また・・今度の目標にすることもできるし・・・
ただ・・・この曲は・・・どうにか入れ込もうと・・・最後まで迷っておりました。
自分自身のファースト・アルバムにも入れた歌で、
銀巴里のオーデションも、この歌で合格する事が出来たので・・・

もう20年位経つのでしょうか・・・
彼女の草月ホールでのコンサートを観に行ったことがあります。
金髪のおかっぱが歌う度に揺れるのを・・・今でも鮮烈に覚えています。
あの頃・・・クラッシックの匂いの抜けない自分の声がイヤで・・・
あんな風に・・・髪を振り乱して・・・
喉から血が出そうな・・・
喉にすご~く悪そうな発声で・・・激しい歌を歌うことに・・・
とてつもなく憧れていたので(笑)・・・



e0048332_3335230.jpge0048332_3341048.gif


e0048332_334318.jpge0048332_3344514.gif






by mariko-sugita | 2006-11-19 01:44 | 音資料 CD | Comments(1)