<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ハエトリグサ
子供の頃、いくつか食虫植物を買ってもらったことがありました。
なかでも、2枚貝のような・・・トラバサミにも見えるような・・・ 
「ハエトリグサ」がお気に入り・・・
観察・実験ごっこの対象になってもらってました。


e0048332_7402365.jpgまず観察。
虫を捕らえるところが見たいが為・・・
我が身を囮にして、蚊やハエをおびき寄せつつ・・・

ひたすら待てど虫さんは捕まらず・・・

観察から実験へと方向転換する

まず・・・ つまようじ でコチョっと触れたりしてみる。

反応なし

しつこく、手を変え品を変え・・・触る・・・ 触る・・・

反応なし
反応なし
反応なし

刷毛で虫らし~く、極々ソフト・タッチ・・・

のっそ~り、音もなく動いて そして 静かに閉じた! ヤッター!!

再び観察・・・ あ~気になる。だって中はカラなのに、ずっと閉じたままだよ

蚊?を捕まえて、生きてるふりをさせエサを与えようとしたが、無反応・・・

一日中、かかりっきり・・・(こういう性格だった・・・)

約一週間後・・・ ハエトリグサに すっかり学習されてしまい、相手にされていないことを悟る。

私 ずっと、ハエトリグサには学習能力があるのだと思ってたら・・・
「ウィキペディア」に、こんな文章が載っていました。

葉を閉じる行為は相当なエネルギーを消費するため、
いたずらに葉を閉じさせ続けてしまうと、葉はおろか株全体が衰えて終いには枯れてしまう。


・・・疲れていたのね。

-----------------------------------------------

ハエトリグサって正式名称だっけ・・・?
詳細は→ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(以下抜粋・・・)

"ハエトリグサ Dionaea muscipula" (別名:ハエトリソウ、ハエジゴクは、北アメリカ原産の食虫植物。葉を素早く閉じて獲物を捕食する姿が特徴的で、ウツボカズラと並ぶ有名な食虫植物である。
英語の"Venus Fly Trap"(女神のハエ取り罠)は、2枚の葉の縁の「トゲ」を女神のまつ毛に見立てたことに由来する。
また、パックンフラワー等、凶暴性を持つ植物のモデルであることが多い。

・・・しかし、同じ種の名前なのに、女神のまつ毛×ハエジゴクって・・・ メルヘンしすぎ!×リアルすぎ!・・・(笑)

---------------------------------------------------

・開いた葉の縁には多くのトゲが並んでおり、
・葉の内側には3本ずつ(4本のものもある)の小さな毛=感覚毛が生えており、
・その感覚毛に虫が2回触れると、1秒足らずで葉を閉じる。
・葉を閉じるのに必要な刺激が1回ではなく2回なのは、近くの葉が触れた時などの誤作動を防いだり、獲物を確実に捕えるための適応と考えられている。

見事!虫を捕らえたハエトリグサ君は・・・ 
・1日ほどたつと葉は完全に閉じられる
・トゲは逆に外に反り返り、葉の内側で捕まえた獲物を押しつぶし、
・葉から分泌される消化液でゆっくりと獲物を溶かす。
・およそ10日で養分を吸収し、
・葉はまた開いて獲物の死骸をポイ!
再び獲物を待つ。葉には寿命があり、一枚の葉が捕らえる回数は2-3回くらいである。
他の食虫植物同様、彼らにとっての捕虫はあくまでもオプション的な行為であり、捕食しなくとも生き続けることはできる。また、当然ではあるが、ハエ以外の昆虫も捕食する。


e0048332_7432658.jpg


リンクさせていただいている一花一葉byアツシさん、9月25日のブログでは食虫植物のセラセニアを花器にみたててます。美しいですよ。 
by mariko-sugita | 2006-09-27 06:58 | コラム column | Comments(3)
アーチー・シェップ Archie Shepp Quarter   「フレンチ・バラッズ」
e0048332_8241233.jpge0048332_8532252.gif


硬派のベテラン テナー・サックス奏者の「アーチー・シェップ」が、
超大御所のブラックのおじさま方達と、
フレンチ・シャンソンの名曲を演奏しているCD。
(♪右上の汚れみたいにみえる小さな文字をクリックすると、曲目やメンバーがチェックできます)

黒人ジャズのルーツであるブルースやニグロ・スピリチュアルスを吹きまくる・・・骨太の男っぽ~いサックス奏者が、ごっつい指でフランス娘を抱いてるみたいな・・・艶っぽいCDかと思ったら・・・ シャ~ンソ~ン~が、実に渋い大人の男の音楽になっていました。

60年代、黒人音楽の為の政治的な活動をしてきたこともあり、アメリカでは報われることが少なかった時代に、彼の演奏を支援してきたのが、ヨーロッパのジャズ・ファンだったそうです。
フランスに滞在していた時代もあったそう・・・
「フレンチ・バラッズ」と名付けられたこのアルバムの原題は・・・「デジャ・ヴ」なのです。

私のお目当ては・・・ 1曲目のM.ルグランの「これからの人生」と・・・
ん?・・・っと、目をひいたのは、シャルル・トレネの「詩人の魂」
どんな風になるんだろぅ??? 
とっても有名な軽いワルツの曲。中庸なシャンソン・・・
サックスでは・・・珍しい・・・ けど、トレネの軸はジャズだから・・・なのかしら。
と思いながら聴いてみたら・・・ ん・・・?? え~っとね・・・
フレンチ・レストランで、ビール飲みながら、ソースのかかっていない炭焼きステーキ食べた!って感じかな。

それにしても・・・ ↑このおねぇさん・・・バスト・トップの位置が低いような・・・
だからぁ・・・見えないじゃないの!・・・ケチ!

e0048332_8541824.jpg


by mariko-sugita | 2006-09-22 08:24 | 音資料 CD | Comments(6)
サン・スーシの女 [LA PASSANTE DE SANS-SOUCI]
e0048332_4293729.jpg



いたしかたないとしても・・・
ロミー・シュナイダーさまの 気品ある美しいお顔を 知らない方が多いようなので・・・
ビデオ無法地帯の大箱の中から発掘してまいりました。

あのアラン・ドロンと、ヴィスコンティ監督によって見出され、育てられた大輪の花・・・
「ロミー・シュナイダー」の遺作の映画となった 「サン・スーシの女」
全編にわたり 幾度となく流れるヴァイオリンの調べ ・・・ 「忘却のメロディー」 は、
寒さを感じる頃になると・・・ 自然と歌いたくなる曲のひとつ・・・
レイモン・ルフェーブル・オーケストラとの 私のセカンドCDの中にも収めた曲です。

この映画の音楽を手がけたのは、『リトル・ロマンス A Little Romance』で アカデミー賞を受賞した
「ジョルジュ・ドルリュー Georges Delerue」です。
「フランソワ・トリュフォー」作品には欠かせない音楽家としても有名で、
先日のブログに登場した 「ジャンヌ・モローの「突然炎のごとく Jules et Jim」や、
「かくも長き不在 Une aussi longue absence 」の中のシャンソン 「三つの小さな音符」のように、
主題歌が独立した音楽として今も愛され、歌われている作品がたくさんあります。

個人的には・・・ 「プラトーン Platoon」 や、「マグノリアの花たち Steel Magnolias 」 「フォエバー・フレンズ Beaches (Forever Friends)」 などなども・・・、
映画の中の音楽として果してきた役割は、ルグランやフランシス・レイ氏とは また違ったかたちの、実に大きな、大きな才能の主なのだと・・・ 改めて感動してしまいました。

e0048332_5558.jpg


超おおまかなストーリーは・・・
人権擁護協会の代表の主人公がパラグアイ大使との面会中に、大使を射殺する。
その裁判の中で、50年前に父親をナチスに殺された、ユダヤ人である主人公の人生が、
戦争の深い傷が明らかにされていく…
なぜ、主人公は自分の思想に反してまでも 彼を殺さざるを得なかったのか・・・
その理由を知って欲しいと語り始める。


「サン・スーシ」とは・・・
この映画では、ベルリンからの亡命者の集まるパリのカフェの名前ですが、
フランス語で、「憂いのない」という意味。

ドイツのブランデンブルク州のポツダムにある、フリードリヒ二世大王が建てた居城は
「無憂宮」→ 「サン・スーシ宮殿」ということ?で・・・いいんだっけ・・・か?な・?・?・

p.s 原作者は、あの 『昼顔』 のケッセル。
(・・・ですが、あんなムフムフなシーンはありません。)
   戦前に書かれた小説を 現在に置き換えて脚色したそうです。
by mariko-sugita | 2006-09-20 04:58 | 音資料 CD | Comments(4)
知恵袋さんより
Bossaというのは、残念ながら傾向、魅力という意味もあるんですよー

・・・知恵袋さんからの修正メールが届いておりました。
いつも本当にありがとうございまする。

先日、私が・・・ミヨウミマネの猿知恵で・・・Bossaといった ラクダのこぶの中には・・・
水分と栄養分がつまっているんですよね。
私だって・・・ ホンの少し前までは・・・
仰向けに寝てても・・・ ふたこぶラクダに似たものがあったのよ・・・
「ナンデそんなに大きいのかね?」・・・って訊かれる度に・・・
「私の脳ミソはココに入ってるのよ!」って・・・説明してあげてたの・・・
ナンデダカ? 皆さん、それで納得して下さるから・・・ 不思議でしょ♡
by mariko-sugita | 2006-09-17 16:31 | 音資料 CD | Comments(2)
SONIA ~whispers the finest songs on bossa nova
e0048332_4253100.jpge0048332_431417.gif



美少女がウィスパーヴォイスで歌うボサノヴァ・・・ 
「バラ色の人生」が入っていたので、買っておいたものなのですが・・・
これは・・・聴いたことのあるような・・・歌ったことのあるような・・・といったアレンジでした。
なにより・・・ 今の私がこんな歌い方したら・・・ コワイかも (笑)
めっけものは・・・
13曲目のセンジュ・ゲンズブールの「涙のシャンソン日記」と、
ラストに収録されている「三月の水」・・・フランス語バージョンで歌いやすそうだったので・・・ 
コンサートが終わったら・・・ 歌ってみたいな。

ところで・・・
ボサノヴァのノヴァは 「新しい」という意味ですが・・・
ボッサという言葉の語源は・・・ 「たんこぶ」 なんですよ・・・
ラクダのこぶもボッサ。
新しい自分たちの音楽→突出しているということから→新語→bossa nova ・・・なんですって。
ヤマハさんから送られてくる雑誌に載っておりました。
by mariko-sugita | 2006-09-16 04:35 | 音資料 CD | Comments(2)
今日はヴィラージュでした
いつもは・・・ 
私とマダムの目崎さんの他に、もう一人歌い手さんがいてくれるのですが・・・ 今日は、私だけ・・・
お店のスケジュール表にも、そのように記されておりまして・・・ あわてて何人かの方にメールを送ってしまいました。
急なお呼び立てにもかかわらず、お出かけくださった心優しいお兄様方!
本当にありがとうございました。
こういう時は、一段と・・・人の優しさが心に沁みます。
本当にありがとうございました。
11月から、ヴィラージュは仲良しの古坂るみ子さんと一緒に歌うことになりましたので・・・
またまたパワー全開で頑張ります。
なんてったって・・・
3人合わせて・・・バスト2メートル72センチ???だもの・・・
元気な方は体力、気力を充電して・・・
お疲れ気味の方は・・・ 英気を養いに・・・ いらしてくださいませ。
(注!健全なるシャンソニエでございます)
by mariko-sugita | 2006-09-16 03:15 | chanson | Comments(0)
随分と涼しくなりました。
窓をあけたままで、ベランダで内緒のイケナイコトをしていたら、
部屋の中に蚊が入ってしまいました。

急に・・・随分と涼しくなったのですね。
この私でも・・・3匹も・・・パッチン出来てしまいました・・・ ゴメンネ。 ・・・合掌。

みなさん・・・風邪などひかないように気をつけて・・・あたったか~にして寝ましょうね・・・ おやすみなさい。 
・・・ ・・・ パッチン・・・
by mariko-sugita | 2006-09-14 02:00 | 雑記 miscellanea | Comments(0)
ブラッド・メルドー&ルネ・フレミング Brad Mehidau and Renée Fleming 「LOVE SUBLIME」
e0048332_0581292.jpge0048332_0583934.gif



Kugayama師匠より伝授していただいた 「ルネ・フレミング」です。

今回のCDは、若手No.1と誉高きジャズピアニストの
「ブラッド・メルドー」と奏でる、至高の愛― というコメントが帯に記されておりました。
内容は・・・
1~7曲目はライナー・マリア・リルケが20代前半に書いた詩集からの作品。
8~10曲目は、アメリカの現代詩人:ルイーズボーガンの作品。
11曲目はブラッドの妻:フローラインが作詞の作品。
・・・作曲は全曲、ブラッド氏によるもの。
ということですので、対訳付きをしっかり確認して、国内版を購入いたしました。

超絶テクニックを誇示するような、現代音楽といったイメージの作品なのですが、
私は中毒になりそうな程、ハマリマシタ。 
叫ぶわけでもないのに燐と力強くて、なよっとしていないのに深い哀しみに満ちている。
この人の声は、今を生きるプリマの声・・・と想うのです。
by mariko-sugita | 2006-09-14 01:31 | 音資料 CD | Comments(1)
マンハッタン・トランスファー [The Shmphony Sessions]
e0048332_1073962.jpge0048332_10142956.gif


スキャナーも復活し・・・ 久々のCDは、マントラです。
ビッグバンド&ストリングスをバックに従えた、初のセルフ・カバーの最新録音なのです。
この前に買ったマントラ・ファミリーのCDが、う~ん?といった感じだったので・・・
今回は、嬉しいのです。
全体的に音が綺麗に整いすぎといった感もあるけど・・・ 
でも、でも、凄いんだわよ。 
やっぱり・・・ 大人になったらテクニックは大事なのです。
凄テクニシャンは・・・尊敬しちゃうし・・・メロメロになっちゃいます。
by mariko-sugita | 2006-09-13 10:21 | 音資料 CD | Comments(0)
入院中に・・・
ママは、病院で食事中に死にかけたそうだ。

持ち込んだトマトの四つ切を ツルンと飲み込んでしまい・・・窒息しそうになったらしい。
昔から、「喉に物が痞えて死ぬかもしれな~い」と聞かされていた私は、
ホント・・・気が気じゃありませんよ~

そんな時、人間は何を考えるのか・・・といいますと・・・
ママの場合は、
1.恥ずかしいから、見つかる前に自力でなんとかしよう!
2.口から吐き出すべきか!
3.根性で飲み込むべきか!
ママの選択は、1&3 だったそうですが、
皆さんの意見では、普通は指を突っ込んででも吐き出す事を考えるそうです。
ママ曰く・・・
「トマトでよかったのよ。中が柔らかだから、ウゴウゴしているうちにナントカなったのよぉ。
あ~リンゴじゃなくて良かったわ。。。」

・・・勘弁してくれぇ~

そうそう・・・ ワイルドなお友達君が、
人間、一度にどの位の量の物を飲み込む事が出来るのか・・・を、知りたくなって、
アイスクリームなら溶けるから死ぬことはないだろう・・・ と考えた挙句、
レディーボーデン・アイスクリームのデカパックを半分飲み込んでみたそうな・・・
感想は・・・
「アイスは溶けるのが遅い!」
死ぬほど苦しいではなく、死ぬほど喉と頭が痛い思いをしたそうな・・・

普段は(かろうじて)マトモでも、時々、オカシクナルタイプの皆々様、
くれぐれも・・・奇行的衝動には気をつけてくださいね。
by mariko-sugita | 2006-09-13 08:16 | 雑記 miscellanea | Comments(0)