カテゴリ:猫にゃぁぁぁん( 11 )
病人が病人の付き添いさん
今日は、どっちが病人かわからない二人で・・・
朝の9時に病院へ行ってきました。
ママの定期検診です。

やっとの思いで、家に着いて
いつもの時間の6時に夕食をしたあと、
かの子ちゃんを連れて、ワンニャンクリニックへ・・・

もう老衰なのですが
お水が飲みたくて、水道のところまで行くのですが、
自分ではお水も飲めない状態になってしまって・・・

猫は、多分犬も・・・
脱水症状が原因で死んでしまう確率が、凄く多いんですよ。
簡単に言うと、脱水になると、舌が萎縮して前に出なくなるそうです。
結果、飲食ができなくなり、 死に至るケースがとても多いそうです。

ここ数日間、ずっと・・・
水とミルクを ほ乳瓶や注射器のような器具で飲まし続けていたけれど、
そろそろ限界と判断し、弱り切ってしまう前にお医者様に連れていってきたんです。
腰は痛いし、大変でしたが、これでなんとか元気になってくれるかも・・・
なにしろ、小さな身体で頑張っているのですから
一日の遅れで、取り返しのつかないダメージになるのです。
とにかく、一日早く病院へ・・・
なかなか難しい事ですが、
結果的には、病状はもちろん、時間もお金の面でも、
これに勝る方法は無いと、今では、そう考えています。

ワンニャンクリニックは年中無休。
年末年始もお休みなし! なのだそう・・・心強いです。
信頼感も深まります。

もう、おばあさん猫で、何度もこの病院で命を助けてもらっているかの子さん。
私は、病院の待合い室で、シクシク泣いておりましたが、
「とにかく、苦しまないようにしてあげてくださいね。」
何度も、こんなお願いをしているので、
先生も、もう無理に検査もしないでいてくれます。

点滴をして渇きをいやしてくれたようで、
かの子ちゃん、スヤスヤと気持ちよさそうな眠り方をしています。

「明日、もう一度いらしてくださいね。」
・・・との事でしたので、
夕方頃に、もう一度病院へ行ってきます。
頭では判っていても、なんとも切ない日々です。
by mariko-sugita | 2007-11-16 01:04 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(1)
朝青龍と同じ病名だけど…

朝青龍関が巡業をサボッた病気?と同じ、脊柱圧迫骨折で、4ヶ月入院していた母が、
杖をつきつき退院してから、昨日で一週間。
… でも、平和な日々は、僅か一週間でした。

世の中のお母さんの倍以上の歳月を
いつまでもお嫁に行かない私の為に、子育てしてくれたのだから、
こんな時くらい甘えてくれればいいものを、
まったく…子の心 親知らず? といいますか…
「ダメ、ダメ!ヤメテ!」 と何度言っても聞く耳もたず…で、
用事を見つけては、家の中をこちょこちょ動き回っていたせいか、
また母の背中から腰が痛くなってしまって、昨日、緊急で病院に行ってきました。

先生に、「動いたんでしょう!」と開口一番に言われ、
母ったら 「全くなんにもしていません!」と答えておりましたが、
すぐに先生の誘導尋問に引っ掛ってしまって… 
隣で母の言い訳…と言うか、へ理屈を聞いていた私は、赤面しちゃいました。
「ママ〜 ボロが〜ボロボロ出ていますよ〜」

入院の準備をして行ったのですが、
痛くてベットから起き上がるのも大変な状態なのに、
結局、入院中に使用していたコルセットを寝るときも着用して
自然に骨が固まるまで、安静にしているしか方法がないそうなのです。
しかも、これからもずっと こんな事の繰り返しになるようで
激痛と苦しい治療を乗り越えたばかりなのに、この先の事を考えると…本当に可哀想。
「生き地獄だ…」 診察室を出た時、母が思わず漏らした言葉…
その声の暗さが、心の中に陰を呼び入れたようで、鳥肌がたってしまいました。
不安でいっぱいだけれど…とにかく、今は…
今 出来ることを、良かれと思えることを積み重ねてゆこう。

数ヶ月前に、TVで見かけたのですが、
コンクリートのような液体を 直接背骨に注射すると、
骨粗鬆症でスカスカになった脆い部分の骨が固まって、
かなり高齢のおばぁさんも、一人で歩けるようになった…
そんな内容の番組だったのですが… あの注射、ママにも適するのかしら?
もっと調べてみなくては… 


オマケのお話…
もうひとり、朝青龍と似たような病だったのは、猫のかのこちゃん。
以前は、4匹いた猫たちが、それぞれ歳の順に死んでゆき、一人っ子になって、
ますます、ママにベッタリひっついて甘やかされていた「かのこちゃん」は…
ママが居ないと、たちまち具合が悪くなって、
鬱病のようにクラ〜くなって、ごはんも食べずに嘔吐して…
心臓がバクバクしていて…、微熱もあって…、
夜中になると、哀しそうに鳴いては、お部屋の中を徘徊・・・
そして、3日目には、毛が抜けおちてしまい、
アタマに見事な10円ハゲが出来てしまう・・・こんな様子だったのね。
その時 獣医さんにくだされた診断は・・・
急激なストレスによる 「分離性不安症」
そして…問題の朝青龍関の病名は、
急性ストレス障害による「解離性障害」でしょ!
ほら…これって… あまりに似ていると思いません?
by mariko-sugita | 2007-08-25 05:25 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(4)
チョットお疲れ♪だけど・・・元気です。

母が入院したのは、4月12日の木曜日だったので・・・
かれこれ5週間が過ぎ、もう6週目に入ったのですね。
5月11日は、母の71歳のお誕生日だったのですが、
今年はベットの上・・・
体調もとっても悪かったので、可哀相なバースディでした。

未だに母はベットに寝たきり・・・
入院してすぐの頃に出された薬が身体に合わず、
途中で使用を中止したのですが、
心配なことに、今も毎日吐き続けているような状態なのです。
少しでも何か食べなくてはいけないので、
私も、母の食べてくれそうなものを作り、
毎日チャリコに乗って、家から病院までセッセと運んでいるのですが、
無理に食べさせてももどしてしまうので、
本当に小鳥がついばむように、一口か二口食べさせてあげるのが精一杯・・・
残りは、仕方なく?私の胃袋へと納まるため、
私はまるで薄情娘のように、ますますムクムクと健康体になってしまいました。
母は・・・入院する前よりも重病人になってしまったようです。

しかし、いくら私が体力を蓄えているとはいえ、
やっぱり・・・なんだか・・・物凄く・・・疲れてしまいました。

おまけに・・・
心の支えの猫の「かのちゃん」までが・・・
まるで、母とシンクロしているかのよう・・・
同じように点滴をしなくてはならない状態になり、
私は、暫く人間の病院と動物の病院を掛け持ちで通う毎日だったんですよぉ。

かのちゃんは、もう元気になってくれましたが、
あっちでも、こっちでも・・・
愛するものが、二人とも点滴姿・・・
絶対に治ってくれる!と信じていたので、
怖くはなかったですけれど・・・ シンドカッタです。(笑)


e0048332_523131.jpgかのちゃんの御飯をしまってある棚の奥から、
以前、体調を崩したときに楽天で買った?
「初乳100」という
ワンニャン用「免疫ミルク」が出てきました。。。
さて・・・これって・・・効果あるのかしら?
牛の出産後スグの良質な初乳を100%使用し、
粉末状に加工した画期的な製品です。
・・・って書いてあります。
でも、牛は草食動物だから、
人間の飲む牛乳は、あまり犬や猫にあげない方がいいって
教えてもらったことがあるような・・・
でも、まぁワンニャン用だし、
自分の家にあったのだから、よろしいのでしょう・・・
いそいそとあげてみたら・・・
かのちゃん、あんまり嬉しそうじゃありません。
そういえば・・・
私の周りの子供のいる男の人達って、
大概、はじめての赤ちゃんが産まれたとき、
女房におねだりして?おっぱいを飲んでみるらしく・・・
「なんだか生臭くってマズ~イよ」って言ってたっけ・・・(笑)
by mariko-sugita | 2007-05-19 06:13 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(14)
ネコ物たちⅠ (=^・^=)

鳥で癒される人もいれば・・・
犬で癒される人もいる・・・
私の場合は・・・ネコと お魚・・・かなぁ。。。
因みに、母は鳥人間です。。。


e0048332_249348.jpg
この子は新入りさん。 
先日、大阪のホテルで衝動買いしてしまいました。


e0048332_251087.jpg
現在、使用中のお財布。
商品にタイトルがついていて・・・
これは・・・ ネコのお誕生日・・・ だったっけ?


e0048332_2524941.jpg
この子は、パソコンの前で、いつも私を見つめてくれているのです。


e0048332_254957.jpg
子猫たちのお尻が・・・たまりませんニャ~。


e0048332_2553522.jpg
舐めるように ねこっ可愛がりしていた 「でい」が 白と黒の猫だったので、
白黒猫グッズを見かけると、私が堪らなくなるのを知っていて・・・
友人Yちゃんが、パパとママにおねだりしてくれた ゴブラン織りのクッション。
可哀想で とてもお尻の下になど敷けないから、今でもフカフカなの。。。


e0048332_33518.jpg
いつも お仕事に行くときに持って歩いている お化粧ポーチ。
本当は持ち手が付いていたのですが・・・ ぶっちぎれてしまいました。
でも、離れがたくて・・・ 今も使っているのです。


私と一緒に暮らしているネコ物たち・・・
2月22日の猫の日にupしようと思っていたのですが・・・ ずれちゃった。。。
残りは・・・ いずれ また・・・
by mariko-sugita | 2007-02-24 03:07 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(2)
白菜
e0048332_9212032.jpg


(ダイニングテーブルに写りこんでる諸々は見ないでぇ・・・)
Sリンが送ってくださった白菜・・・ 立派!でしょ!
あんまり大きくて・・・ かの子ちゃんもビックリ!です。

内側の柔らかい葉は、生で食べても美味しいし、
この外側のゴワっと しっかりした葉っぱは、
鍋物のベースに最高なんですよ。
旨みの成分が変化して・・・
透き通った金色のスープになるまで・・・
煮込むのがポイントです。

今日は忙しかったし、
コンサートまで あと1ケ月を切ったので・・・
「ダイエット きのこ鍋」にいたしました。
ムフッ。。。 ?鍋には・・・ やっぱり・・・「きのこ」でしょう!

ごちそうさまでした。



e0048332_9492352.jpg


by mariko-sugita | 2006-10-18 09:21 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(12)
かの子ちゃんの点滴
14歳のアメリカン・ショートヘアーの「かの子ちゃん」は、
血液検査の結果、肝臓の数値がかなり高かったので、
1日2回の飲み薬の他に、週2回、点滴をしてもらいにお医者様に通っています。

以前、私が溺愛していた猫の「でい」を家で看取ってあげられなかったことを、私は今でも後悔しています。
「あとで迎えに来るからね・・・」
そう言って・・・病院に置いてきてしまった・・・あんなに怖がりな猫だったのに・・・ 
最期・・・
ガラス越しに私と母を見て・・・ニャ~ンと鳴いていたのに ・・・ごめんね。

私は判断を誤ったのだ。
助からないであろうことなど、おおよそ分かっていたのに・・・
病院から「でい」が死んだことを知らせる電話があったのは、その僅か1時間後のことだった。

ガラス越しのあの顔・・・1度だけ口をあけて鳴いた顔が・・・頭から離れない。

「置いていかないで・・・ お家に帰りたい・・・」  

・・・ごめんね。本当にごめんなさい。


理解しているのです。「バカみたい・・・」自分でもそう思いながら・・・
ただ涙がでてしまう・・・そんな状態から抜け出すのに、
なぜだか?・・・3年もかかってしまいました。

だから・・・最後にひとり残ったかの子ちゃんは、
もう高齢ですし、特別なことはしないつもりでいるのです。
ただ、痛いとか、苦しいとか、そういう類のものは、できる範囲で取り除いてあげたいだけ・・・
お医者様にも そのように伝えました。

 ヾ(=゚・゚=)ノ″ニャン♪

最近のニャンコの点滴は、楽チンになったんですよ。
以前は、入院させるか、
午前中に連れて行って、夕方お迎えに行かなくてはならなかったのですが、

今は、10分程度・・・で、済んでしまうのです。

猫は(犬も・・・?)、背中の皮と肉の間に隙間があるとかで、
点滴のお薬を、背中側の首の付け根(肩甲骨の上辺り)に、一旦蓄えて、
少しずつ溶かしてゆく・・・ようになったらしい・・・のです。

確かに、点滴後にそっと触ってみると・・・
コブのようなものが・・・皮膚の下にある・・・ある。

かの子ちゃんは、点滴してもらうと、その日の夜から、
寝ているときのポーズが違います。
のびのびと・・・気持ちよさそうに・・・寝てくれます。

飲み薬が効いてくるまで・・・1~2週間。 それまで可哀想だけど・・・通院です。

病院での かの子ちゃんは・・・ 
診察台の上に乗せられて・・・ 腕に針を刺され採血されようが・・・
背中にも針を刺され点滴されようが・・・
耳の中を覗かれようが・・・ 口の中を覗かれようが・・・
・・・ ピクリ!とも動きません。
じっと・・・目を閉じ・・・固まったまま・・・
まさか・・・ショック死?・・・途中、何度か確かめたくらい・・・
先生もナースさん達も、「いい子、いい子・・・」と褒めてくれながら・・・ 笑ってましたよ

診察が終わって・・・ ナースのお姉さんが、ネコショルダーの中に入れてくれようとしたら・・・
あらら・・・ 身体がくにゃくにゃ・・・くにゃん。。。 
ど、ど、どうなってしまったの?置いてもらったポーズのまま・・・まるで・・・クタッ~とした人形みたい・・・
猫のへっぴり腰は何度もみたことあるけれど・・・ 腰ぬかしてるのを見たのは・・・ 初めて! 
可哀想だけどハハハ・・・ アハハ・・・ もう~ かわいいったら ありゃしない・・・ 




e0048332_4531119.jpg
病院から帰ってきて・・・ もう ぐったり・・・




e0048332_4535058.jpg
カメラに気がついて・・・起きたけど・・・
腫れぼったい目をしてますねぇ・・・ おちゅかれさま。




e0048332_4542665.jpg
この前、フラッシュの実験した時のこと・・・やっぱり・・・忘れていないのですね。
早々に・・・避難されてしまいました。
by mariko-sugita | 2006-07-30 03:28 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(0)
やっぱり、一人の夜に裸で寝るのはヤメだ。
昨日は新宿、今日は銀座のシャンソニエのお仕事でした。

よく、ブログを書きながら、「あぁ そうだったわ!」と思い出したり、反省したりするのですが・・・

nightlyさんのブログに・・・
*「昼顔」のドヌーブ!最初に観たときの衝撃は震度8だったわ!あぁ、憧れ過ぎて道を踏み外さなくてヨカッタ。ヨカッタ。
* BBはロジェ・ヴァディムとの生活で、家の中では一日中裸で過ごすように言われていた。
・・・マネした訳ではないのですが、家の中で服を着る時間が長くなってから太りはじめた気がする。
それに、夜 シルクのパジャマを着て寝るようになってから不眠症になったような気がするの。
なにしろウチは母子家庭なので女だけでしょ。父が厳しかった反動からか・・・ほとんど裸族だったんですよ。 
今は半裸ですけどね。
・・・と、書き込みしながら、そうよ!そうなのよ!と思ったままに実行し・・・寒くて目が覚めました。

ヤバイ!と思い、あわててお布団を引っ張り出し、シブシブ・・・パジャマを着たのですが、寒気が治まらず・・・
このままでは、マズイので、お夕食の鰻丼を昼間から食べて、クラクラしながら惰眠に再チャレンジ。
出掛ける支度をしなくてはいけない時間がきても、エンジンがかかりませ~ん。
お風呂でカチカチに凝ってしまった身体をほぐして、なんとか出掛けたのですが、
情けないことに・・・風邪ひいちゃいました。
アタマ痛いです。 理由は・・・明白です。

やっぱり、一人の夜に裸で寝るのはヤメだ。
考えてみたら、以前は「でい」が生きていたんだった。 私の可愛い「でいでい」・・・
運命の出逢いで拾ってしまった 牛模様の猫。
拾った時は、ゴマ模様かと勘違いした程、ノミだらけで、泥んこで・・・
ウチのチンチラの「ふぁじぃチャン」と比べて雲泥の差だったから、名前は「泥 でい」
寒い日も、寒くない日も一緒だったものね・・・ 

 ・・・おねぇちゃん。「でいでい」が居ないのに、裸で寝て風邪ひいちゃったよ・・・


オマケに・・・本日の綾小路きみまろカレンダーは、これ↓
e0048332_1283248.gif
by mariko-sugita | 2006-07-23 01:18 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(2)
甲状腺でのホルモンの生成・分泌が過剰になってしまうことが原因です。
14歳の老猫、アメリカン・ショートヘアーの“かの子ちゃん”を病院へつれて行きました。
どうやら、甲状腺機能亢進症(こうしんしょう)という 人間のバセドー氏病にあたる病らしい。
ホルモンバランスが崩れ、甲状腺でのホルモンの生成・分泌が過剰になってしまうことが原因らしいです。
10歳以上の猫に多く見られるとか・・・

私 「あら 先生、それって更年期?ですか?」
Dr 「まぁねぇ、ホルモンがもう出ていないのに、興奮したり発情したりするとねぇ・・・なるんですよ。」
私 「ウチは母と私と、かの子ちゃんの女3人暮らしなんですが、一体ナニに発情したんでしょうか?」

病院とはいえ、ハツジョウという単語の連呼は・・・こっちが恥しくて発情しそうだわい。
しかも、人間は一年中発情できる珍しい生き物なんですからね!!!
なんとか、飲み薬で治ってくれないかしら・・・ でも、ひとまず安心。なのかな?
なんでもいいよ(笑)  大丈夫だからね。
もっともっと う~んと長生きしてね。 かの子ちゃん。
 
by mariko-sugita | 2006-07-21 06:14 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(4)
猫の好きなブラシ
e0048332_475386.jpgねぇ 猫や犬の好きなブラシって知ってる?
それは・・・これ!
エリザベス女王陛下も使ってらっしゃる・・・らしい?・・・
メイソン・ピアソンのミックスタイプのブラシ!
似ているものじゃダメなのです。
実は、母と私の愛用品でもあるのですが、
もう、う~っとり恍惚状態になりますよ。
ブラシを肌にあてる時だけ、気をつけてあげてね。
少し、斜めに倒してあげると、優しい刺激になりますから・・・
自分の肌の柔らかなトコロで(腕の内側とかで・・・)試してみたらどうでしょう。
ペット用のスリッカーって、相当痛いことに気がつきますよ。
それに、短毛種でも驚く程 毛が取れます。
確かに贅沢品だけど、お洋服に付く毛の量が まるで違ってきますし、
初対面でもすぐに仲良しになってくれますよ。
by mariko-sugita | 2006-07-11 05:49 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(0)
クロアチアの選手交代を観ていたママ・・・

ママ 「ねぇ。ねぇ。。。 サッカーって、さっき交代した人が また出て来てもいいの?」e0048332_12395685.jpg

  「え~?・・・ダメでしょう。」

ママ 「だって、ホラ!ホラ!」

  「ドレドレ... ( →_→)ジロ! 全然違う人じゃない!」

ママ 「ジィーー・・ (;・_・)・_・)・_・)・_・)・_・)・_・)・_・)・・ジィーコ・・」

  「なぁに? 納得いかないの?」

    (ママの会話の相手はアメショーのかのチャンへと移行中)

ママ 「 クロアチアの選手ってみんな おんなじ顔シテマチュよね~  お揃いの格好だし・・・ 
    ・・髪縛ってるか、縛ってないかで区別してたのよね~」

  「・・・・・」

   
犬より忠実なブリッ子猫の『かのチャン』が、いつも通り 真っ直ぐな瞳でママの顔を見つめ、話に相槌を打っている。
最近、私は「かのチャンってエライ!!」 ・・・本当にそう思うのです。 14年間、ずっと本気モードの けな気さと賢さは尊敬モノです。
私もママもどれだけ救われていることでしょう・・・ 
相手の言うことを解ろうとする意思があると、猫でもこれだけの言葉、そして心を理解することができるのか・・・
その優しい細やかな感情に驚き感謝せずにはいられないのです。 

でも、流石に、サッカーとお相撲を観てる時のママには迷惑そう・・・(笑)
ガンバレー! 日本ー! (ママ、 養命酒飲み飲み・・・応援デス!)
e0048332_12473158.jpg

守護神川口 凄かったですね。
by mariko-sugita | 2006-06-19 10:30 | 猫にゃぁぁぁん | Comments(6)