<< 雲隠れの術 インフルエンザ対策 >>
高野圭吾さん

今日は・・・シャンソン歌手で、画家で、訳詞家の
『高野圭吾さん』
の命日です。

高野さんは、2005年12月19日、心臓疾患の為、71歳で逝去なさいました。

私の中で、高野さんというと、まず浮かんでくるのは・・・
銀巴里のステージで、スタンドマイクを使いながら歌う、独特な声と姿・・・

あの頃は・・・自分の世界を持っている人、持とうとしている歌い手が多かったなぁ。


私も高野さんの訳詞のシャンソンが大好きで、何曲も歌わせていただいています。
風のささやき
アブサン
サンフランシスコの六枚の枯葉
愛する時 
過ぎ去りし青春の日々 etc...

どれも素晴らしい作品で、歌い手の人生に深く影響を与えてくれる歌たちです。

・・・今だったら、もっといろんなお話が出来たのに・・・
今でも、逢いたいなぁ。。。そんな想いの募る人なのです。



e0048332_21205891.jpg

(↑↓ ほっぺにチュ〜・・・というより・・・匂い嗅がれているような・・・^^;)
e0048332_21211457.jpg


でもねぇ〜 私のことを・・・
「キミは芍薬の花のようだね。」と言って喜ばせておいて・・・
私、嬉しくて、その言葉を宝物のように大切にしていたのに・・・
みんなにも自慢していたのに・・・
何年か後に、その話をしたら、御本人から・・・
「ボク・・・そんなこと言ったっけ・・・」と言われてしまったの・・・
超ショックで・・・泣きました・・・~☆*・”・,☆




 


ジャガモコ劇場は ブログ村に参加しています。
ポチッとクリック!ヨロシクお願いしま~す。
by mariko-sugita | 2008-12-18 21:56 | chanson | Comments(17)
Commented at 2008-12-19 01:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 風うたい at 2008-12-19 10:23 x
寒くなりましたね。お母様はじめご家族皆さまお変わりありませんか?
素敵な写真、高野圭吾さんからの一言も、真理子さまの宝石箱に
大切にしまわれているのですね。
たくさんのレパートリーの中でも真理子さんの歌われる
『アブサン』、とても印象的でした。
「風のささやき」のCD、何度も聴いています。


Commented by mari_yonet at 2008-12-19 11:05 x
う~む、確かに、芍薬の花のようです。
Commented by ekoekolove at 2008-12-19 16:25
まりこさんきれーだなー>゜))))彡
なるほど、半狂人さんが入れ込む訳だぁ。
今日は大切な日だったんだー
ひれ・・・・・>゜))))彡~~~~~
Commented by sararaM at 2008-12-19 22:45
「芍薬」というのは、言い得て妙、ですね。
ご本人が忘れられていても、その時は本心ですよ。
今日、クリスマスミニコンで、
「サンフランシスコの6枚の枯葉」を歌ってきました。
歌の前に、高野圭吾さんのご命日だ、ということも言わせていただきました。
Commented by mariko-sugita at 2008-12-20 00:26
☆風うたいさま。
私は人見知りなのですが・・・
古坂さんのお陰で、仲良くさせていただいておりました。
この写真、変だけど素敵な写真でしょ!
Commented by mariko-sugita at 2008-12-20 00:29
☆mari_yonetさま。
あらぁ〜どうもありがとうございます。
最高の褒め言葉で、天国→地獄→これで、またまた天国気分です。(笑)
Commented by mariko-sugita at 2008-12-20 00:32
☆ sararaMさま。
ありがとうございます。
高野さんの訳詞は、本当に素晴らしですよね。
正しい歌詞で、みんなで歌い継いであげるのが、一番だと私は思うのですが・・・ どうなのでしょう。
Commented by mariko-sugita at 2008-12-20 00:38
☆ ekoekoloveさま。
いえいえ、とんでもございません。
自分の顔は、あまりupで見たくないし、お見せしたくないので、ほとんどblogにのせていないでしょう〜(笑)
これは、懐かしき酔っぱらい写真ですよ〜。それに、4.5年前のものですから・・
3年経つとねぇ、あちこちと、随分変わっておりますデス。
Commented at 2008-12-20 00:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ekoekolove at 2008-12-20 00:50
酔っててもきれですよー
素材が違うっ!>゜))))彡
ぷくぷく(金魚笑)
Commented by mariko-sugita at 2008-12-20 01:32
☆ekoekoloveさま。
素材の中には・・・ふくらし粉が入っておりました。
Commented at 2008-12-20 01:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2013-10-22 20:49
なるほどなあ
 しゃくやくの
  ような
   きみなりき

すわれば
 ぼたんの
  ような
   きみなりき

立てば ボタン
 歩むすがたは・・・

ちがうよ〜

「立てば芍薬
  座れば牡丹
   歩く姿は百合の花 」の君なりき

むずかしい〜
Commented by mariko-sugita at 2013-10-23 00:27
☆散人師匠。
うわぁ、この写真って何年前じゃろ。
私が若くて、自分でビックリ@@
Commented by kugayama2005 at 2013-10-25 21:33
なにか
 いい写真だな〜
  って
   思いましたん。
    「きみは美しい」
     とか
      美女のミミモトで
       言ってみたいな〜、とかさ。
Commented by mariko-sugita at 2013-11-05 22:25
☆散人師匠。
懐かしい人は、思えば随分と前に逝ってしまったことになります。
近頃は、あれから何年経ったんだか、指折り数えてもわからなかったり・・・です。
<< 雲隠れの術 インフルエンザ対策 >>