<< アーチー・シェップ Archi... 知恵袋さんより >>
サン・スーシの女 [LA PASSANTE DE SANS-SOUCI]
e0048332_4293729.jpg



いたしかたないとしても・・・
ロミー・シュナイダーさまの 気品ある美しいお顔を 知らない方が多いようなので・・・
ビデオ無法地帯の大箱の中から発掘してまいりました。

あのアラン・ドロンと、ヴィスコンティ監督によって見出され、育てられた大輪の花・・・
「ロミー・シュナイダー」の遺作の映画となった 「サン・スーシの女」
全編にわたり 幾度となく流れるヴァイオリンの調べ ・・・ 「忘却のメロディー」 は、
寒さを感じる頃になると・・・ 自然と歌いたくなる曲のひとつ・・・
レイモン・ルフェーブル・オーケストラとの 私のセカンドCDの中にも収めた曲です。

この映画の音楽を手がけたのは、『リトル・ロマンス A Little Romance』で アカデミー賞を受賞した
「ジョルジュ・ドルリュー Georges Delerue」です。
「フランソワ・トリュフォー」作品には欠かせない音楽家としても有名で、
先日のブログに登場した 「ジャンヌ・モローの「突然炎のごとく Jules et Jim」や、
「かくも長き不在 Une aussi longue absence 」の中のシャンソン 「三つの小さな音符」のように、
主題歌が独立した音楽として今も愛され、歌われている作品がたくさんあります。

個人的には・・・ 「プラトーン Platoon」 や、「マグノリアの花たち Steel Magnolias 」 「フォエバー・フレンズ Beaches (Forever Friends)」 などなども・・・、
映画の中の音楽として果してきた役割は、ルグランやフランシス・レイ氏とは また違ったかたちの、実に大きな、大きな才能の主なのだと・・・ 改めて感動してしまいました。

e0048332_5558.jpg


超おおまかなストーリーは・・・
人権擁護協会の代表の主人公がパラグアイ大使との面会中に、大使を射殺する。
その裁判の中で、50年前に父親をナチスに殺された、ユダヤ人である主人公の人生が、
戦争の深い傷が明らかにされていく…
なぜ、主人公は自分の思想に反してまでも 彼を殺さざるを得なかったのか・・・
その理由を知って欲しいと語り始める。


「サン・スーシ」とは・・・
この映画では、ベルリンからの亡命者の集まるパリのカフェの名前ですが、
フランス語で、「憂いのない」という意味。

ドイツのブランデンブルク州のポツダムにある、フリードリヒ二世大王が建てた居城は
「無憂宮」→ 「サン・スーシ宮殿」ということ?で・・・いいんだっけ・・・か?な・?・?・

p.s 原作者は、あの 『昼顔』 のケッセル。
(・・・ですが、あんなムフムフなシーンはありません。)
   戦前に書かれた小説を 現在に置き換えて脚色したそうです。
by mariko-sugita | 2006-09-20 04:58 | 音資料 CD | Comments(4)
Commented by kugayama2005 at 2006-09-20 12:02
いいですねえ、ロミー・シュナイダーねえ。そうそうルートヴィッヒの従姉妹であり愛人でしたねえあの役は。
http://www.romy.de/index.php3
Commented by vinofl19162 at 2006-09-26 16:49
はじめまして。
「ふるーとの森」と申します。
サン・スーシ、2度行きました。あそこに行くと、本当に憂いが無くなります。
フリ−ドリヒ大王は、フルート(フラウト・トラヴェルソ)が大好きで、毎日コンサートを開いて吹いていたようです。
ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツという作曲家&フルーティストが先
生で、彼が製作して大王が使っていた楽器が飾ってあります。

余裕ができたら、CD購入します。ベル・エポックも行ってみたいですが・・
Commented by mariko-sugita at 2006-09-27 02:49
「ふるーとの森」さん、はじめまして。どうぞよろしく!
お名前から察するままに・・・フルート奏者さんなのかしら。
サン・スーシへ2度ですかぁ。いいなぁ。。。 私は、ここ何年も国外脱出していないの。 旅行運?・・・どっかに置いてきちゃったのかな。 まぁ・・・そのうちに・・・また・・・行ける様になることでしょう(笑) 
ピッコロやフルートって、一見おとなしそうだけど・・・実は音のよく通る華やかな楽器ですよね。王様のフルート・・・どんな音を奏でながら、何を見てきたのでしょうね。  
Commented by vinofl19162 at 2006-09-28 14:02
marikoさん、ありがとうございます。
はい、夫婦でフルート吹いています。
王様のフルート・・モーツァルト、バッハ、ベートーヴェンさんもそうですけれど、この時代に録音できる機械があったらなーって、思ったりします。タイムマシンに乗ってでも、聴きにいきたいです。
フルート。ダブル・コントラバス・フルートといって、直径が10センチ以上ある巨大なフルートもあるんですよー。日本で製作されています。
これからも、宜しくお願いします。

P.S.
「ハエトリグサ」観察・実験ごっこ面白かったです。
好奇心旺盛ですね。
美しい植物ですね。
<< アーチー・シェップ Archi... 知恵袋さんより >>