<< 甲状腺でのホルモンの生成・分泌... Toots Thielmans... >>
ASTOR PIAZZOLLA アストル・ピアソラ  『ブエノスアイレスのマリア』

「ブエノスアイレスのマリア」は、ピアソラの作品で、唯一私が歌っているもの。
一見難しそうに聞こえるようですが、勢いがある曲なので、歌はそれほどでもないのですよ。
その分、主旋律以外のミュージシャンは、エネルギーを使うようです。

e0048332_085093.gife0048332_0124171.gif

アルゼンチン・タンゴを芸術の域へと導き、クラシックの現代音楽へと押し上げた天才音楽家の
アストル・ピアソラ (1921-1992) 作曲 / オラシオ・フェレール (1933-) 台本によるオペラ。
ピアソラが生涯最悪という深刻なスランプから脱却し、
のちに彼の妻となる歌手のアメリータ・バルタール捧げられたというタンゴ・オペリータです。

日本では、「受胎告知のミロンガ」という曲名で、ヴァイオリン等のインストゥルメンタルとして、
あるいはカンツォーネ歌手「ミルバ」を通して耳にしたことがあるという方が多いと思いますが、
このCDは、1968年、ブエノスアイレス、プラネータ劇場での 初演のオリジナル・メンバーによるもので、
マリア役はもちろん、アメリータ・バルタール自身が歌っています。
ピアソラ& フェレールと&バルタールの3人は、その後、「ロコへのバラード」という世界的大ヒット曲を生み出しています。

ストーリーは、ピアソラの音楽そのもののように 哲学的な美しさで絡み合っているので・・・ かなり複雑。
タンゴという音楽そのものを擬人化して、悲惨なマリアの人生を通して、タンゴという音楽が出来上がるまでの苦しみを表しています。
絡みあい、響きあい、もがくような、うねるような、ピアソラ特有のバンドネオンの音色が、
終焉へと向う苦悩や不安感を煽り苦しいほどです。

アルゼンチン・タンゴが、ミロンガ、ジャズ、クラシック、ハバネラ、アフロアフリカン、ヨーロッパのワルツ・・・まで、
様々な要素の音やリズムを採り入れながら進化してきた理由は、移民としての貧しい生活からだという。
パリを模してつくられたブエノスアイレスという街。 
もう10年以上前になりますが、私の仕事はパリだけだったのですが、
そのまま 光蘭社さん、永田文雄・前田はるみご夫妻にくっ付いて、
一週間程、ブエノスアイレスに滞在したことがあります。
その時に、この舞台をブエノスで観ることができたのですが・・・???難しかったです。

ブエノスアイレスという街は、中心からすこし外れると、夜はタクシーも嫌がって行ってくれない真っ暗闇の街と草原。
サッカーからは想像つかないような、けっこう怖いところでした。
by mariko-sugita | 2006-07-20 02:38 | 音資料 CD | Comments(4)
Commented by kugayama2005 at 2006-07-20 08:36
ピアソラは一度ハマルと当面抜け出せなくなるのでやめておきます。このCDジャケの裏面を小さくアップしてビヨンと大きくなるの良いね。そんなやり方あったんだ。びよん、びよん、びよんっと。
Commented at 2006-07-20 15:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko-sugita at 2006-07-21 05:33
>あつこさん おはこんばんわ
私は歌っていない歌なので、詳しいことは判らないうえに書いてあることもガセネタだった!という可能性も有。ですが、ご了承を・・・(笑) 戦争に出かけた恋人を待ち続けている女の人を歌ったものでしたら、それは、「ダリダ」というシャンソン歌手のレパートリーで、邦題は 「愛の追憶」という歌です。但し、ダリダは、いろんな国の歌手のレパートリーを焼き直してはヒットさせる というパターンが多いので、オリジナルは別かもしれません。 日本のシャンソン界ではわりとポピュラーな歌で、越路吹雪さんをはじめ(訳詩:岩谷時子)多くの歌手に歌われています。宝塚出身の歌手以外では、瀬間千恵さんが有名かな。あと、「クミコさん」が越路さんのレパートリーを歌ったCDにも入っているようです。パリ祭にも出演なさっている「深江ゆかさん」のオンラインショップ「ジャバネーズ」は私もCDを委託してますが、いろいろと頼りになりますよ。→http://www.chanson.to/javanaise/
Commented by あつこ at 2006-07-21 11:34 x
何を勘違いしたんだか、前のコメント、「非公開」にしてしまってる(汗)
どんな秘密文書やねん!と自分にツッコンでおります。

>戦争に出かけた恋人を待ち続けている女の人を歌ったものでしたら

そうです!それです!詳しい説明、ありがとうございます。ご紹介いただいたサイト、見てみますね。

>瀬間千恵さんが有名かな。
ああ、なんか想像出来ます。かっこいい低音で。今年は高い声でサティーを歌われたので、楽屋のモニターで見ながらびっくりしてました。(笑)

パリ祭を通じてシャンソンの魅力を知ることが出来てうれしいです。真理子さんのブログでまたいろいろ教えてもらえそうで、楽しみが増えました。
<< 甲状腺でのホルモンの生成・分泌... Toots Thielmans... >>