<< また床暖入れてもらってます。。。 最後の砦 >>
過ぎ去りし青春の日々・・・

我が家のベランダの ひめりんご。
「ママが元気なうちに、いっぱい咲いておきなさいね。」
毎年、そう言い聞かせているのだけれど・・・
^^* 嬉しい春。
今年も見事に咲いてくれました〜


でも、この青い青い空を見上げるとき・・・
「あぁ。。。私って、シャンソン歌手なんだわぁ。」と思うのです。

  まるで この空、絵に描いたみたい・・・
  あまりに青すぎて、別世界みたい・・・

亡くなった『高野圭吾さん』訳詞の美しいシャンソン
『過ぎ去りし青春の日々』の一節が
ごく自然と、アタマの中を流れてゆくのです。。。


e0048332_1632021.jpg



e0048332_16322070.jpg



e0048332_16323796.jpg



e0048332_16325719.jpg



e0048332_16314324.jpg




 


ジャガモコ劇場は ブログ村に参加しています。
ポチッとクリック!ヨロシクお願いしま~す。
by mariko-sugita | 2009-04-11 16:40 | Blog | Comments(16)
Commented by sararaM at 2009-04-12 01:01
marikoさんのリンゴはもう満開なのですね。
うちはまだ4枚目の感じのつぼみです。
花開くと白なのに、蕾の色はどうしてこんなに愛しい色なのだろうと
毎年思います。
「過ぎ去りし青春の日々」昨年歌いたかった曲でした。
私より20歳くらい年上の方が歌われました。
Commented by ANKO at 2009-04-12 01:04 x
姫リンゴの花、じゃがもこちゃんに似てません?
↓うちは「ローストチキン」みたいです^^;
Commented by kotonoha222 at 2009-04-12 07:29
姫リンゴの花って清楚で大好きです。
蕾はピンクがかっているのに咲くと真っ白で可愛いですね~
去年このお花に惹かれて植木鉢のお花を買ったのに枯れてしまいました。^^;
今年は近くのお宅で咲いています。
今度撮ってみたくなりました~(^^)
   しおり
Commented by 風うたい at 2009-04-12 13:57 x
ほのかに甘い香りとともに…
姫リンゴの花をみていると信州の想い出とともに
母を思い出します。
杏の花咲くころもきれいですね。
青空は、美しすぎて哀しくなります。
Commented by ツアン at 2009-04-12 14:14 x
お久しぶりです。
「青い空を見上げる時、あぁ・・・」
真理子さま、現在も十分青春されてるって拝見しましたよ、フフッ (^_^)。
Commented by エビスママ at 2009-04-12 22:40 x
絵葉書のような写真でうっとりです。
姫りんごは美しくて、可憐な花を咲かすのですね。実がなったときと二度楽しめそう!
Commented by mariko-sugita at 2009-04-13 00:44
☆sararaMさま。
今日はもう、はらはら散り始めています。
桜よりもかなり、開花期間は短いですよね。
高野さんの訳詞の「過ぎ去りし青春の日々」は、
私、本当に名訳だと思っています。
Commented by mariko-sugita at 2009-04-13 00:47
☆ANKOさま。
ふくらみかけた蕾は・・・似ていますよね。
なんか女の子らしくて、嬉しい感じです。
ローストチキン! 笑わせていただきました。
Commented by mariko-sugita at 2009-04-13 00:50
☆kotonoha222さま。
ホント!あのピンク色、何処へ消えてしまうんでしょうね。
綺麗なピンクですよね。
姫リンゴの花は、散る姿も綺麗ですよ。
Commented by mariko-sugita at 2009-04-13 00:56
☆ 風うたいさま。
リンゴの花は、桜と違っていい香りも楽しめますものね。
お母様を思い出されるのですか・・・
私は、以前住んでいた家の庭に、父の愛した枝垂れ梅の古木があったので、
白い枝垂れ梅の花をみると、父を思い出します。
Commented by mariko-sugita at 2009-04-13 00:59
☆ツアンさま。
こんばんは〜♪
歳をとることは、そう嫌ではないのですが、
ただ 何気ないことで、疲れるな〜〜と思うことが多くなりました。(笑)
あと、深酒しなくなりました。。。
Commented by mariko-sugita at 2009-04-13 01:01
☆エビスママさま。
実はねぇ。。。シブイのです。
甘みもあるけれど、それより渋さが勝ってる。。。
赤い実は、小鳥さんへのプレゼントで、人間は目で楽しみます。
Commented by 野っこ at 2009-04-13 09:18 x
出遅れコメントでごめんなさい。
私は 歌をならいつつ 絵を教えていて この歌詞に出会ったので
歌詞の中の「絵に描いたみたい・・・」というひとことが
衝撃的でした。
それから高野さんの詞が気になり出しました。
でも 今はまだ この歌は歌いたくありません。
ちょっと 淋しいから。
Commented by トントン at 2009-04-13 23:39 x
marikoさんの歌を聴いて、古い時代に連れて行かれそうなほどの、青い空と真っ白な大理石の彫刻を思い出して、涙溢れて・・・白い花あの時のイメージのまま・・
写真の腕・・すごく上がりましたね!!素敵です。
ジャガモコちゃんたちの写真?いまだに飽きることなく!!!楽しんでます♪もう、笑いながら!
Commented by mariko-sugita at 2009-04-14 02:23
☆野っこさま。
なんというか・・・音とか行間も含めて、
この歌には、集約された感じがありますよね。
急に淋しくなる時の心とか、生きることが妙に空しい時のこととか、
生きている時間が愛しく思える時のこととか・・・
いつか、思い切って、何かを振り切って歌うしかないのでしょうね。
私も今少しお預けしています。
Commented by mariko-sugita at 2009-04-14 02:26
☆トントンさま。
こんばんは〜。
毎日、ブログ覗き見させていただいてます。
モーコ大きくなったでしょ! とっても賢い娘になりました。
この写真は、私にしては珍しく光りがいっぱいです。
<< また床暖入れてもらってます。。。 最後の砦 >>